TOPICS

2016/02/17

2016年2月17日日経概況

2016年2月17日の東京株式市場は反落しました。

終値は前営業日比218円07銭(1.36%)安の1万5836円36銭でした。

2日に及ぶ大幅の上昇があったことで、利益確定が出やすい環境にありました。

また落ち着きをみせていた円高基調が再び円高にふれたことや

中国絡みで地政学的リスクが意識されると

市場は神経質な反応を見せながら下落しました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は続伸しました。

ダウ工業株30種平均は幅のある続伸で、

前営業日比222ドル57セント(1.4%)高の1万6196ドル41セント、

ナスダック総合株価指数も大幅に続伸して 、

前営業日比98.443ポイント(2.3%)高の4435.955ポイントで 取引を終えました。

 

サウジアラビアなどの産油国4カ国が原油増産の凍結で合意したことで、

原油先物市場の動きが改善、投資家心理が多少は改善しました。

これといった買い材料には乏しく、上値を追い続けるには

限界がある動きでした。

 

日本市場は2日で1,400円以上を上げた動きで早期の利益確定が出やすい

雰囲気であることに加えて、一服していた円高の動きが再び進み

輸出・大型株を中心に売りが広がりました。

スタートは19円安く、小幅の下落で始まりましたが、

徐々に下げ幅を拡大、400円の下げ幅まで演出しましたが、

午後に入ると押し目買いが入り、下げ幅を縮小させながら引けました。

 

終わってみると218円安、

前日の解説では「2日間の上場があったので明日は足元を固めるための

調整になる可能生が高いので

短期で買うと決めたものはしっかり観察して

利益確定のタイミングを逃さないでください。」と書きました。

短期ではありますが、本日で利益確定になるポジションも多かったことだと思います。

 

また、このような戻り局面では、戻り待ちの売りが多く控えていることも

ずっと説明してきたことなので、

幅のある調整でもそこまで焦る必要はありません。

当然あるべき動きとして落ち着いて対応していきましょう。

 

短い調整を挟んでまた反転して上がってきても

小さい材料ですぐに乱高下を繰り返しやすい相場であることを

念頭に入れておいてください。

 

東証1部の売買代金は概算で3兆1136億円、

売買高は28億4008万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は 1087、

値上がりは729、変わらずは120でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:15,836.36  -218.07            -1.36%

NYダウ(ドル):16,196.41       +222.57           +1.39%

ドル(円):113.70-72     -0.79円高       -0.69%

ユーロ(円):126.97-02 -0.71円高       -0.56%