TOPICS

2016/02/25

2016年2月25日日経概況

2016年2月25日の東京株式市場は3日ぶりに反発しました。

終値は前営業日比224円55銭(1.41%)高の1万6140円34銭でした。

原油安が一服して小幅反発した米国株の動きや、

円高基調も一服したことを受け、買いが進みました。

しかしまだ持ち合いの中にいるとみるのが正しい判断で、

当分荒い値動きが続くことが予想されます。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は反発になりました。

ダウ工業株30種平均は小幅の反発で、

前営業日比53ドル21セント(0.3%)高の1万6484ドル99セント、

ナスダック総合株価指数も反発して 、

前営業日比39.023ポイント(0.9%)高の4542.606で取引を終えました。

 

朝方はアジア・欧州など主要な株式相場が総じて下げたことが嫌気され

売りが先行して始まりました。

下げ幅を265ドルまで広げた後は、下げトレンドを強めていた原油先物相場が一服、

1バレル32ドル台を回復したことを受け、

引けにかけてプラス圏に浮上して終わりました。

方向性を欠いている動きということには変わりがなく、

積極的に買い進めるには材料不足という感を否めません。

 

日本市場は前日のアジア・欧州株式市場の下落で地合いはよくない中、

原油先物相場の下げ一服を受け、米国株式市場は上昇したことで

投資家心理が改善、買いが先行して始まりました。

 

後場寄り付きまでは中国・上海株が軟調に推移することを受け、

100円高の範囲で動きましたが、その後は上げ幅を拡大、

幅のある上昇として本日の取引を終えました。

 

テクニカル的には1万6,000円手前で始まって、

幅のある陽線を形成、前日の陽線に引き続き

トラップにはまっていた1万6,000円台を抜け出すことに期待を持たせる

形になってきました。

しかし、基本的には2月16日から続く持ち合いの範囲にあり、

まだ荒い値動きは続くとみられます。

 

下げ幅の大きかった主力株を中心に

仕込みを開始する時間帯になってきました。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,140.34  +224.55           +1.41%

NYダウ(ドル):16,484.99     +53.21 +0.32%

ドル(円):112.14-18     +0.03円安       +0.03%

ユーロ(円):123.48-52 +0.18円安       +0.15%