TOPICS

2016/02/29

2016年2月29日日経概況

2016年2月29日の東京株式市場は反落しました。

終値は前営業日比161円65銭(1.00%)安の1万6026円76銭でした。

円安・ドル高が進むことで、買いが先行して始まりましたが、

中国市場が冴えない動きになったことや円安・ドル高が一服したことを受け

反落、大きな振れ幅を見せながら下落して引けました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は下落と3日続伸、まちまちな動きになりました。

ダウ工業株30種平均は下落して、

前営業日比57ドル32セント(0.3%)安の1万6639ドル97セント、

ナスダック総合株価指数は3日続伸して 、

前営業日比8.268ポイント(0.2%)高の4590.473で取引を終えました。

 

2015年10~12月期の GDP改定値が 上方修正されたことを受け

朝方は買いが先行しましたが、

原油市場が下落に振れたことで反転、小幅な下落に終わりました。

 

日本市場もG20の積極的な支援などの決定と

好調な米国経済指標、円安傾向などを背景に買いが先行して125円高くスタートしました。

上げ幅を250円まで拡大した後は、

月末で利益確定を急ぐ動きや、円安基調の一服、

中国市場の冴えない動きで後場途中から下げに転じ、

161円安で本日の取引を終えました。

 

テクニカル的には25日移動平均線が意識され、

2営業日連続で25日線まで進んでは戻して大きく陰線を作る動きが続いています。

株価のサイクルと心理から判断する場合、

ここで上か下かの決定を待っているのがわかります。

ここから安値を切り下げて下に行くと、下降サイクルの

最後に当たる暴落局面になるので、軽率な買い行動は

控えるようにしましょう。

 

資金を保ちながら、軽くさげのトレンドが続く銘柄の

空売りを交えていきます。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,026.76  -161.65               -1.00%

NYダウ(ドル): 16,639.97      -57.32  -0.34%

ドル(円):112.86-88     -0.01円高       -0.01%

ユーロ(円):122.88-92 -1.93円高       -1.55%