TOPICS

2016/03/02

2016年3月1日日経概況

2016年3月1日の東京株式市場は反発しました。

終値は前営業日比58円75銭(0.37%)高の1万6085円51銭でした。

日米欧の金融緩和に続いて中国も緩和に踏み切ることで

投資家心理が改善しましたが、

上げ幅は限定的でした。

本日も1万6,000円で止まり、ここでエネルギーをためているので、

そろそろ次の動きが出てもおかしくないですね。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は続落になりました。

ダウ工業株30種平均は続落して、

前営業日比123ドル47セント(0.7%)安の1万6516ドル50セント、

ナスダック総合株価指数は4日ぶりに反落して 、

前営業日比32.523ポイント(0.7%)安の4557.950で取引を終えました。

 

2月 PMI指数が47.6で前月の55.6から大幅に悪化したことを受け、

米国景気の先行きに対する不透明感から

投資家心理を冷やしました。

トレンドとしては方向感のない展開が続いています。

 

日米欧の金融緩和に続いて、中国も

2月29日、預金準備率を0.5%引き下げる追加緩和を実施しました。

これを受け上海株式相場がしっかりした動きとなり

日本市場にも好材料として広がりました。

 

しかし円高基調が続き、上げ幅は限定的な動きとなりました。

終わってみると58円の上げ幅、上に向かっていくには

まだエネルギーが弱い状態ですが、

下値ではしっかり耐えていることから、一回は上に向かうエネルギーを

貯めている様子です。

一回上に行ってから、急激に反転するときの動きに注意しましょう。

 

■各市場の動き

日経平均:16,085.51  +58.75 +0.37%

NYダウ(ドル):16,516.50       -123.47            -0.74%

ドル(円):113.19-20     +0.21円安       +0.19%

ユーロ(円):123.00-04 -0.78円高       -0.63%