TOPICS

2016/03/02

2016年3月2日日経概況

2016年3月2日の東京株式市場は大きく続伸しました。

終値は前営業日比661円04銭(4.11%)高の1万6746円55銭でした。

米国市場の堅調な動きと、円高基調が一服したことを受け、

投資家心理が改善しました。

テクニカル的にも意味のある上昇になりましたので、

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は大幅な上昇になりました。

ダウ工業株30種平均は大きく上昇して、

前営業日比348ドル58セント(2.1%)高の1万6865ドル08セント、

ナスダック総合株価指数も反発して上昇 、

前営業日比131.645ポイント(2.9%)高の4689.595で取引を終えました。

 

欧州の市場がしっかりした動きになってこと

(ドイツ株のDAXは221ポイント高の9717、

ロンドン株は続伸して55.79ポイント高で終了)、

経済指標の改善(2月のISM製造業景況感指数が市場予想を上回る)、

原油市場の戻り基調などが複合的に

投資家心理を押し上げました。

 

日本市場は前日の米国市場が大きく反発したことを受け、

買いが先行して始まりました。

原油先物価格が下げ止まったことや、外国為替市場で円安に振れたことも

輸出産業を中心に買い向かわせました。

 

朝から力強く伸びて、下げる動きがほとんど見られず、

強い上昇傾向を見せながら600円を超える終値で引けました。

2月8日以来、約1カ月ぶりの高値をつけました。

 

テクニカル的には、2月3日から続いた25日線下での下降トレンドが

明確な大陽線をもって終了、しっかり抜けてきました。

しかし、ここから気持ちよく買っていくにはまだ警戒要因が残っています。

ここで反転して下がると、相場でいう「ダマシ」になる可能性があり、

そのときは下げが早くなる傾向があります。

 

しっかりしたトレンド転換のサインを出している銘柄を中心に

少ない株数で取り組んでいくのが有効な戦略でしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆5934億円、

売買高は24億8977万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1824と全体の94%、

値下がりは82、変わらずは36銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,746.55  +661.04   +4.11%

NYダウ(ドル):16,865.08  +348.58   +2.11%

ドル(円):114.28-32  +1.33円安   +1.18%

ユーロ(円):124.26-30     +1.42円安       +1.16%