TOPICS

2016/03/04

2016年3月4日日経概況

2016年3月4日の東京株式市場は4日 続伸しました。

終値は前営業日比54円62銭(0.32%)高の1万7014円78銭でした。

前日に引き続き、4日 続伸は今年初めての記録というのを継続しました。

朝方は利益確定を優先する動きで安く推移しましたが、

午後になると世界市場が落ち着きを取り戻す様子で

投資家心理が改善、約1カ月ぶりに1万7000円台を回復してきました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は小幅な続伸となりました。

ダウ工業株30種平均は3日続伸して、

前営業日比44ドル58セント(0.3%)高の1万6943ドル90セント、

ナスダック総合株価指数もわずかながら続伸、

前営業日比4.001ポイント(0.1%)高の4707.423ポイントで取引を終えました。

 

小幅上昇ではありますが、

週末の雇用統計発表を控えていることから新規の材料不足による

様子見ムードが強くなりました。

それでもダウは2ヶ月ぶりの高値をつけてくることで

回復の色を鮮明にしてきました。

 

日本市場は前日まで今年初となる3日続伸などの上昇で

短期の利益確定を出す動きで売りが先行して始まりました。

一方、世界市場全体が徐々に落ち着きを戻していることを受け、

上昇に変わってきました。

 

しかし、強く上値を追うような新規の材料も少なく、

小幅な続伸で今週の取引を終えました。

材料は不足しているものの1万7,000円台を回復しながら、

1ヶ月ぶりの高値をつけたことに意味のある動きでした。

 

注目されるのは本日の夜に控えている米国雇用統計の発表です。

その結果によってダウと為替市場が影響を受けることで

来週もこの回復の動きを継続できるかがかかっています。

 

約定している銘柄でのびているものは、短期の利益確定を心がけながら、

損失は最小限、資金はこれからくるトレンドに備えて温存しておく

戦略を並行して使いましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4902億円、

売買高は26億5272万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1422と、

値下がりは435、変わらずは86銘柄でした。

 

今週もお疲れさまでした。

先週末は沖縄、今週末は北海道と、幅広い移動になる

スケジュールですが、東京のビルの後ろからも春の兆しが

見え隠れする季節です。

体調管理をしっかりして元気な姿で戻ってまいります。

よい週末を!

 

■各市場の動き

 

日経平均:17,014.78  +54.62 +0.32%

NYダウ(ドル):16,943.90       +44.58 +0.26%

ドル(円):113.84-86     -0.29円高       -0.25%

ユーロ(円):124.65-68 +0.60円安       +0.48%