TOPICS

2016/03/10

2016年3月10日日経概況

2016年3月10日の東京株式市場は反発しました。

終値は前営業日比210円15銭(1.26%)高の1万6852円35銭でした。

4日ぶりの反発でした。

為替市場で市場を悩ませていた円高基調が一服して、

円安に進んだことを受け、投資家心理が改善しました。

まだ乱高下を繰り返す持ち合いの領域での動きなので

安心して買いに向かう場面ではありませんが、変化の兆しが見え始めています。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は小幅の反発になりました。

ダウ工業株30種平均は小幅反発して、

前営業日比36ドル26セント(0.2%)高の1万7000ドル36セント、

ナスダック総合株価指数は3日ぶりに反発して、

前営業日比25.554ポイント(0.5%)高の4674.379で取引を終えました。

 

原油先物相場が反発したことで投資家心理が改善して

買いが先行しましたが、ECBの理事会の(10日)結果を見極めたいという

様子見ムードも強く、上昇幅には限界がありました。

 

日本市場は米国市場の反発や、円高基調の一服で

買いが先行、上昇してスタートしました。

原油市場で3ヶ月ぶりの高値が出たことも追い風となり、

幅広い業種に買いが広がり、幅のある上昇となりました。

 

特筆すべきことは、電力関係のニュースです。

大津地裁が9日、関西電の高浜原子力発電所3,4号機の運転差し止めを

命じる決定をしたことで、 関西電力(9503)が大幅に安くなりました。

 

 

テクニカル的に日経は下ひげの長い中陽線を形成しましたが、

スタートから昨日の終値から離れて始まるギャップを形成、

前回ぶつかって下がったボリンジャーバンドの1σを超えてきました。

次のチェックポイントは高値が2つ並んでいる1万7,000円付近で

これを無事に抜けてくると次のトレンドが始まります。

 

短期の空売りを入れた分は今日のギャップ明けで消滅、

トレンド転換した銘柄が多くみられたので、

素直に順張りでついていくのがいいでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆431億円、

売買高は19億8326万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1680(全体の86%)

値下がりは198、変わらずは65銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,852.35  +210.15           +1.26%

NYダウ(ドル):17,000.36       +36.26 +0.21%

ドル(円):113.56-60     +1.09円安       +0.97%

ユーロ(円):124.52-54 +0.98円安       +0.79%