TOPICS

2016/03/14

2016年3月14日日経概況

2016年3月14日の東京株式市場は3日続伸しました。

終値は294円88銭(1.74%)高の1万7233円75銭でした。

2月2日以来1カ月半ぶりの高値でした。

今週の想定される動きを含め、

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は反発になりました。

ダウ工業株30種平均は大幅に反発して、

前営業日比218ドル18セント(1.3%)高の1万7213ドル31セント、

ナスダック総合株価指数も反発して、

前営業日比86.310ポイント(1.9%)高の4748.466で取引を終えました。

 

ダウは2015年12月31日以来2カ月半ぶりの高値、

ナスダックは1月6日以来の高値を記録しました。

欧州市場が大きく上げたこと(ドイツ株のDAX は332ポイント高の9831、

ロンドン株は反発して103.09ポイント高で終了)、

原油市場が約3カ月ぶりの高値を付けたことで、

資源・エネルギー関連株に買いが集まりました。

 

日本市場は週末の 欧米株式市場の堅調な動きと

原油高の動きを引き継ぎ、買いが先行して始まりました。

また為替市場の動きも落ち着きを取り戻してきたことから

じりじりと350円超えの上げ幅まで迫ったあとは、

落ち着きを取り戻し293円上昇で引けました。

 

テクニカル的には大きく空を開けながらスタート、

ボリンジャーバンドの2σを力強く押し上げながら

上ひげ付きの短陽線を形成しました。

このまま上値を押し上げながら上昇していくと、新たなトレドへの突入、

2σを抵抗として認識するならここで一旦調整もありえます。

 

先週買いのサインが点灯して買った銘柄に関しては

利益が発生しているので、確定のタイミングを絶妙に持って行き

最高の利益幅を取りたいですね。

ここからの短い反転に注意しながらトレンドにのせて

ついていくのが今週の基本戦略です。

 

■各市場の動き

 

日経平均:17,233.75   +294.88       +1.74%

NYダウ(ドル):17,213.31     +218.18           +1.28%

ドル(円):113.81-84   +0.10円安   +0.09%

ユーロ(円):126.98-02             +0.26円安           +0.21%