TOPICS

2016/03/15

2016年3月15日日経概況

2016年3月15日の東京株式市場は4日ぶりに反落しました。

終値は294円88銭(1.74%)高の1万7233円75銭でした。

前日までの3営業日で600円をあげてきたことで、

2月2日以来1カ月半ぶりの高値をつけた動きの反動から

利益確定の売りが出ました。

しかし、2.1兆円の売買代金からわかるように市場には参加者自体が

少なく、様子見ムードが強いそうということが伺えます。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は上昇になりました。

ダウ工業株30種平均は上昇して、

前営業日比15ドル82セント(0.1%)高の1万7229ドル13セント、

ナスダック総合株価指数もわずかながら上昇して、

前営業日比1.814ポイント(0.0%)高の4750.280ポイントで取引を終えました。

 

原油先物相場が下落しましたが、

上昇ムードが強くなっている直近のムードを反映して

小幅の上昇になりました。

上昇にはなったものの、米国市場もFOMCの前で

様子見ムードが強いと言えます。

 

日本市場は前営業日までの3日で600円近くあげてきたことや、

米国市場の様子見ムードを反映して、売りが先行して始まりました。

日銀が市場の予想通り、金融政策の現状維持を決めましたが

不動産など先に資金がまわっていた領域に売りが出て

指数を押し下げました。

 

しかし、3回目のバズーカも見事に外れるほど、カンフル剤の効き目が

弱まっていることを考慮すると、特段の措置が出ない限りは

市場の反応は限られるか、一時的な反応で終わる可能性が高いです。

 

下げ幅を200円まで広げる場面もありましたが、

下値ではしっかり、少し戻して終わっています。

一気に上がることは期待することが難しい現状なので、

出るべくして出た動きなので、大きな動揺はせずに

ロスカットのサインが出ない限りは持っているものを

しっかり保持して利益を伸ばしていきましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1123億円、

売買高は20億9325万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は947、

値上がり銘柄数は843、変わらずは152でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:17,117.07  -116.68            -0.68%

NYダウ(ドル):17,229.13     +15.82 +0.09%

ドル(円):113.04-06  -0.72円高       -0.63%

ユーロ(円):125.60-62           -1.13円高       -0.89%