TOPICS

2016/03/29

2016年3月29日日経概況

2016年3月29日の東京株式市場は反落しました。

終値は30円84銭(0.18%)安の1万7103円53銭でした。

主要なイベントを控えていることから、

米国市場が方向感のない動きになり、日本市場も方向感の欠けた動きに終始しました。

朝方は幅のある下落で始まったものの、値を戻してきたこと、

また配当権利落ち追加に伴う下落分を考慮すると

実質的には上昇だと判断することもでき、

まだ底値は硬いと判断することができます。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は続伸と反落、まちまちな動きになりました。

ダウ工業株30種平均は続伸して、

前営業日比19ドル66セント(0.1%)高い1万7535ドル39セント、

ナスダック総合株価指数は反落して、

前営業日比6.718ポイント(0.1%)安の4766.787で取引を終えました。

 

29日に予定されているFRBイエレン議長の講演、

4月1日発表される3月の雇用統計など、

重要イベントが控えていることから、

様子見ムードが強く、積極的に買い進める動意は乏しかった背景です。

 

日本市場は配当権利落ちを通過したことから、

権利落ち後の下落分(約120円)を反映して売りが先行して

スタートしました。

売りが一巡してからは先物にまとまった買い資金が入ることで

個別銘柄にも買いが続き、下げ幅を縮小させていきました。

午前中の取引は前日の終値を挟んでの持ち合い気配で終了、

午後に入ってプラスに転じるなど、方向性のない動きになりました。

 

米国市場同様、エレン議長の発言内容、3月雇用統計の結果をうけての

米国市場の反応を見極めてから動きを決定したいとの思惑から、

積極的な買いが続きにくかったのが現状です。

 

テクニカル的には節目にあたる1万7,000円が下値の限度として

認識され始め、底硬い動きになっていることがわかります。

直近の動きとしてはチャートレベルで安値の切り上げが続いているので

目線は買いを維持しながら、保有銘柄の管理にベストを尽くしましょう。

 

期末及び週末要因がある、今週末の状況は激しい動きになりやすいので、

落ち着いて眺めておいてください。

 

■各市場の動き

 

日経平均:17,103.53   -30.84    -0.18%

NYダウ(ドル): 17,535.39 +19.66 +0.11%

ドル(円):113.54-55 +0.01円安 +0.00%

ユーロ(円):127.09-13 +0.33円安 +0.26%