TOPICS

2016/03/30

2016年3月30日日経概況

2016年3月30日の東京株式市場は続落しました。

終値は224円57銭(1.31%)安の1万6878円96銭でした。

エレン議長の発言で米国市場が上昇に転じましたが、

日本市場は円高を背景に下げました。

1万7,000円台を4営業日ぶりに下回りましたが、

暴落というわけではないので、下値の確認をしに行くのが当分のポイントになります。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場はエレン議長の発言を背景に上昇しました。

ダウ工業株30種平均は3日続伸して、

前営業日比97ドル72セント(0.6%)高の1万7633ドル11セント、

ナスダック総合株価指数は反発して、

前営業日比79.836ポイント(1.7%)高の4846.623で取引を終えました。

 

朝方は原油先物相場の下げなどを背景に

売りが優勢でしたが、FRBイエレン議長が講演で、

緩和的な金融政策が予測されるとの見方が広がり、

投資家の間にリスクオンの心理が広がりました。

 

日本市場はエレン議長の発言で為替市場では

円高・ドル安の動きが広がり、大型・輸出企業を中心に

幅広い銘柄に売りが広がりました。

 

朝方は-24円でスタートしましたが、

円高の進みが一服せず、次第に下げ幅を拡大した結果

-224円で取引を終えました。

 

テクニカル的にみると、1万7,000円を割ったと騒ぐというより、

1万7,000円を挟んで拮抗しているとみるのが正しい見方でしょう。

3月に入っては25日移動平均線付近までいくと

支持されて上昇に戻る動きが続いているので、

今回も同じところが心理的に意識されるとして、

1万6,770円付近で反発してくれるかが次の確認ポイントになります。

 

短期勝負で買った銘柄は利益確定のポイントに近づいているケースが多いので、

しっかり売りの設定をしておきます。

東証1部の売買代金は概算で2兆4億円、売買高は19億1183万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は 1419、

値上がりは466、変わらずは59でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,878.96 -224.57 -1.31%

NYダウ(ドル):17,633.11 +97.72 +0.55%

ドル(円):112.27-28 -1.42円高 -1.24%

ユーロ(円):126.98-02 -0.08円高 -0.06%

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/