TOPICS

2016/03/31

2016年3月31日日経概況

2016年3月31日

の東京株式市場は3日続落しました。

終値は120円29銭(0.71%)安の1万6758円67銭でした。

年度末の持ち高調整で売りが出たことや、週末に雇用統計など

主要なイベントが控えていることから、ポジションを外しておく

動きが広がりました。

チャートの動きとしては重要なポイントにきているので

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は上昇しました。

ダウ工業株30種平均は4日続伸して、

前営業日比83ドル55セント(0.5%)高の1万7716ドル66セント、

ナスダック総合株価指数も続伸して、

前営業日比22.671ポイント(0.5%)高の4869.294で取引を終えました。

 

エレン議長の発言効果が続き、緩和的な米金融政策が長引くとの観測を材料に

ダウ工業株30種平均は2015年12月29日以来3カ月ぶり、

ナスダック総合株価指数は1月5日以来の高値を付けました。

 

日本市場は欧米市場が高く維持した動きを受けて、

買いが先行して始まりました。

前日より119円高くスタートしましたが、

雇用統計の発表など主要なイベントが控えていることから

様子見ムードが広がると同時に、年度末要因の持ち高調整で

下落に転じてから-120円で引けました。

 

テクニカル的には二等辺三角形の天辺で持ち合う動きが続き、

本日は上髭つきの中陰線を形成、安値で引けたことで下落の可能性を示唆しています。

三角形の最後の方で煮つまりが続くこと、25日線付近で終わっていることから、

明日から始まる4月新年度相場はどっちにぶれてもおかしくない状態です。

 

週末のイベントを考慮すると明日も様子見ムードが広がる可能性はありますが、

1.安値を切り上げてきていること、

2.直近では25日線のところで下げ止まり転換することを考慮すると

ここで止まって反発すると上に抜けてくる可能性も高い流れです。

 

今日で利益確定になった銘柄も多いので、

方向性が転換する際には再びリスクオンの姿勢で挑みましょう。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,758.67 -120.29 -0.71%

NYダウ(ドル):17,716.66 +83.55 +0.47%

ドル(円):112.32-33   +0.25円安   +0.22%

ユーロ(円):127.16-20 +0.20円安 +0.15%