TOPICS

2016/04/06

2016年4月6日日経概況

2016年4月6日の東京株式市場は7日続落しました。

終値は17円46銭(0.11%)安の1万5715円36銭でした。

7日続落は安倍ノミックスと呼ばれる現在の相場が始まる

2012年11月13日までの7日続落以降、3年半ぶりです。

つまり、アベノミックスによる相場はすべて原点に戻ったことになります。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は続落しました。

ダウ工業株30種平均は続落して、

前営業日比133ドル68セント(0.8%)安の1万7603ドル32セント、

ナスダック総合株価指数も続落して、

前営業日比47.863ポイント(1.0%)安の4843.932で取引を終えました。

 

前日の日本株、ドイツ株が2%の下落になったことで、

景気の先行きに対する不透明感が強くなり

2月23日以来1カ月半ぶりの下げ幅を記録しました。

 

日本市場は欧米市場の下落を受けると同時に

継続する円高基調が109円まで進むなどまだ一服の兆しを見せないことで、

冴えない動きで始まりました。

その後も前日の終値を挟んで方向感のない動きが続きました。

 

欧米株安の影響はあるものの、直近の急落で押し目買いのポイントに

きていると判断した投資家の買いも入り、

売り・買いが拮抗する動きに終始しました。

 

テクニカル的には下げ幅こそ小さかったものの、

前日の大幅な下落からさらに安値を切り下げる下落の継続、

前回の高値が明確に認識されるようになりました。

前日にも伝えた通り、下げのトレンドはつづいているものの

まだセリングクライマックスのサインは見えないので、

買い場面まではもうちょっと辛抱を強いられそうです。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1149億円、

売買高は21億4727万株でした。前日よりは微増ですが、まだ盛り上がりに欠けます。

東証1部の値下がり銘柄数は1083、値上がりは730、

変わらずは137銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:15,715.36  -17.46  -0.11%

NYダウ(ドル): 17,603.32    -133.68            -0.75%

ドル(円):110.50-51  +0.05円安       +0.04%

ユーロ(円):125.77-81           +0.33円安       +0.26%