TOPICS

2016/05/17

2016年5月17日日経概況

2016年5月17日の東京株式市場は続伸しました。

終値は186円40銭(1.13%)高の1万6652円80銭でした。

米国市場の堅調な動きや、神経質な動きが続いていた

為替市場で円安が進んだことを受け、2日続伸しました。

しかし、本日の東証1部の売買代金も2兆円に届かず、

上値を追うにはまだ厳しい状況が続いています。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は大幅に反発しました。

ダウ工業株30種平均は急反発になって、

前営業日比175ドル39セント(1.0%)高の1万7710ドル71セント、

ナスダック総合株価指数も4日ぶりに反発して、

前営業日比57.783ポイント(1.2%)高の4775.459で取引を終えました。

 

原油先物相場が反発したことに加えて、

最近下げが激しかったアップルに関してニュース(*1)が飛び出たことで

大きく買われていたことが相場の反発要因になりました。

 

(*1) 「米証券当局への四半期報告で、

ウォーレン・バフェットさんが率いるバークシャー・ハザウェイにより

1~3月期にアップル株が10億ドル 取得されていたことが明らかになったニュース。

 

(*1)に関する補足

これを「ウォーレン・バフェットさんもIT株を好み始めた」というサインとして

解釈するのは早いと言えます。

バークシャー・ハザウェイにはウォーレン・バフェットさん以外にも

投資の決裁権を持つ2人の運用者が存在し、その運用者の判断による

投資である可能性もあります。

 

日本市場は米国市場が大幅な反発になったことに加えて、

為替市場が109円台の円安基調になっていることを受け、

買いが先行して152円高くスタートしました。

 

相場を左右する外部環境が改善したことを受け、

+186円とリスクオンの姿勢が投資家の間に広がるように見える終値で

引けました。

上昇はしたものの、東証1部の売買代金が1兆8988億円と、

前日に続いて2兆円に届かなかったことは懸念材料として残りました。

 

テクニカル的には長い下ヒゲ付きの短い陽線を形成、

終値が75日移動平均線の上で終わることで、

これからの動きに注目させてくれる形になってきました。

 

4月25日を高値、5月2日の安値までの下落幅を100とした

フィボナッチ分析では、5/11と5/13に半値戻しをみせてから

上値抵抗線になっています。

しかし、上向きに変わった25日移動平均線が75日移動平均線を

下から上に抜けるゴールデンクロスを準備していることから、

これからは上昇の準備として判断してよいでしょう。

 

本日の高値を抜けて上に推移しながら出来高が増えてくることが、

これからの確認ポイントですね。

 

東証1部の 売買高は17億8445万株、

東証1部の値上がり銘柄数は1505、

値下がりは350、変わらずは95銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,652.80        +186.40           +1.13%

NYダウ(ドル):17,710.71    +175.39         +1.00%

ドル(円):109.37-38         +0.61円安        +0.56%

ユーロ(円):124.00-04      +0.94円安        +0.76%