TOPICS

2016/05/20

2016年5月20日日経概況

2016年5月20日の東京株式市場は小幅に続伸しました。

終値は89円69銭(0.54%)高の1万6736円35銭でした。

新たな売買材料は乏しい中、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で、

経済政策に対する期待を織り込む形で上昇しました。

週末として頑張った方ですが、上値を追う動きにはなりにくいのが現状です。

主要なイベントが予定されていることから、

参加者自体が少ないのも小動きに終始する要因になりました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は下落になりました。

ダウ工業株30種平均は小幅の3日続落で、

前営業日比91ドル22セント(0.5%)安の1万7435ドル40セント、

ナスダック総合株価指数は反落して、

前営業日比26.586ポイント(0.6%)安の4712.533ポイントで取引を終えました。

 

新規の取引材料に欠ける相場で、

市場の関心は前日に引き続き追加利上げです。

19日はニューヨーク連銀のダドリー総裁が

6月または7月のFOMCで追加利上げに踏み切る可能性に言及したことで

市場は下げで対応しました。

下げ幅を195ドル以上に広げる場面もありましたが、

引けにかけて少し値を戻し本日の取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は2ヶ月ぶりの安値を記録しました。

 

日本市場は新たな材料は少ない中、米国市場が下落することで

売りが先行して52円安くスタートしました。

大きく売られる場面は見られず、売りが一巡した後は、

G7財務相・中央銀行総裁会議、

26-27日の伊勢志摩サミットなど、

主要なイベントが控えていることから

政策期待を織り込む形で買いが膨らみました。

 

イベントの先行きに関してはまだ不明な部分も多いことや

週末ということもあり、積極的な買いには進まず、

小幅の上昇で今週の取引を終えました。

 

トレンドの出にくい一週間であった上に、薄商いが続いています。

本日の東証1部の売買代金は概算で1兆8831億円でまたしても2兆円を下回り、

5月16-20週の1日当たり平均売買代金は1兆9,949億円と

2ヶ月ぶりに2兆円を下回りました。

 

来週も積極的に買い上がる材料は乏しく

26-27のサミットに向けて、明確な方向性を出しにくい展開が予想されます。

下値を売り込む材料も少ないので、底値は固く維持するとみられます。

 

主要企業の決算発表が大体出揃った結果、

悪い数字と予想されていた市場の当初の判断よりは

悪くないというのが確認されたので、

「固く底値を維持する→主要イベントを難なく通過

→(期待通りの財政出動の政策が決まれば)上昇に転じる」

このような動きになるのではないかとシナリオを立てています。

 

方向感のない相場の中で今週もお疲れさまでした。

今週末はベトナムのホーチミンとハノイで仕事をしていますが、

発展するぞ!という活気があふれて、エネルギーが充満される気分になります。

 

エネルギーに満ちた姿で来週は日本でお会いするので、

みなさまも良い週末を過ごし、

元気な姿で再会することを楽しみにしております。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,736.35       +89.69       +0.54%

NYダウ(ドル): 17,435.40      -91.22      -0.52%

ドル(円):109.97-98        -0.10円高     -0.09%

ユーロ(円):123.23-27                 -0.25円高     -0.20%