TOPICS

2016/05/25

2016年5月25日日経概況

2016年5月25日の東京株式市場は大幅に反発しました。

終値は258円59銭(1.57%)高の1万6757円35銭でした。

4月27日以降、ほぼ1ヶ月ぶりの高値です。

やはり新たな材料に欠ける中、米国市場が大きく上昇、

ソニーの大型反発も市場全体を牽引しました。

注意点は盛り上げるに欠ける上に、テクニカル的にも

完全に上にぬけきれたとは言えない状況ということです。

その意味は?本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は大幅な反発になりました。

ダウ工業株30種平均は大幅な上昇で、

前営業日比213ドル12セント(1.2%)高の1万7706ドル05セント、

ナスダック総合株価指数も大幅な反発になって、

前営業日比95.274ポイント(2.0%)高の4861.056で取引を終えました。

 

4月の米新築住宅販売件数が前月から大きく増え、

8年3カ月ぶりの高水準に達したことなど、経済指標が改善したことに加え

原油先物が反発したことが投資家心理の改善につながりました。

 

日本市場は米国市場が大きな上昇になったことに加えて、

円相場も円安基調に流れたことを受け、CMEの上昇幅283円に

さや寄せする形で買いが先行、266円高くスタートしました。

 

その後は大きく下げる場面もなく、

300円以上の上昇幅を演出する場面もありましたが、

サミットを控えて積極的に上値を追う買いは続かず、

+258円の16,757円で本日の取引を終えました。

 

テクニカル的には長らく75日線を挟んでの持ち合いが続きましたが

本日の大きな上昇で25日移動平均線を超えました。

売買代金が1兆7,000億円台と商いが盛り上がらないことから、

気持ちよく上昇モードに切り替わったと判断するのはまだ早いです。

 

本日の高値を上に抜けて明日も上昇してくれるなら

新たなトレンドの発生として分析することも可能でしょう。

 

保持していた銘柄には利益が戻ってきているので、

時期をみながら利益を最大化していくタイミングです。

本日の上昇でトレンド転換になった銘柄も多くみかけますが、

こちらも高値を抜けてくるまでは買ってはいけません。

 

東証1部の売買代金は1兆7826億円、2兆円を5日続けて下回りました。

東証1部の売買高は16億1834万株、

値上がり銘柄は1333と全体の7割弱、値下がりは474、変わらずは146でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:16,757.35      +258.59    +1.57%

NYダウ(ドル):17,706.05   +213.12     +1.21%

ドル(円):110.24-29     +0.71円安     +0.64%

ユーロ(円):122.84-88               +0.37円安     +0.30%