TOPICS

2016/05/30

2016年5月30日日経概況

2016年5月30日の東京株式市場は続伸しました。

終値は233円18銭(1.39%)高い1万7068円02銭でした。

本日の高値で終えながら、4月27日以来約1カ月ぶりに

1万7000円台を回復してきました。

消費増税の延期がほぼ確実になったと市場で受け止められたこと、

為替市場では円安基調が市場の動きを牽引しました。

ただ、懸念材料も残っているので、

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は小幅に反発になりました。

ダウ工業株30種平均は反発して、

前営業日比44ドル93セント(0.3%)高の1万7873ドル22セント、

ナスダック総合株価指数は4日続伸して、

前営業日比31.739ポイント(0.6%)高の4933.505で取引を終えました。

 

アジア・欧州など世界の株高を引き継ぎ、高く始まりましたが、

FRBのイエレン議長が「今後数カ月の間に利上げが適切」との発言で

一時下げに転じる場面もありました。

しかし、リスクオンの投資家心理は冷えず、早速持ち直した後は

10日以来の高値でこの週の取引を終えました。

 

日本市場は米国市場の好調な動きや、為替市場で進む円安の動きに加えて、

消費増税の延期観測がほぼ確実になると受け止められ、

幅広い銘柄に買いが入りました。

また売り建てのポシジョンを持つ投資家の買い戻しが入ることで、

上昇幅を縮めることなくこの日の高値で引けました。

 

テクニカル的には25日線に支えられたあと、空を開けて始まり、

そのまま上場する終わる陽線を形成、トレンドとしては一旦上昇に入ったと判断できます。

一目均衡表でも雲抜け、遅行線の上抜けなど三役好転が成立しました。

 

懸念材料は連日最低を更新する出来高の低さです。

東証1部の売買代金は概算で1兆5604億円、

連日で最低を更新して、本日は2015年12月28日以来の低水準です。

また、2兆円割れが8営業日連続するのは約1年9カ月ぶりです。

政策期待、消費税関連など、市場としては「折り込み済み」として捉え、

積極的な買いが控えられたと推測されると、

継続するのは難しいトレンドだと判断できます。

 

消費税関連で材料視され、大きく買われてもおかしくない

セブン&アイやイオンなどが大きな上昇幅を見せなかったのは

それを物語っているのではないでしょうか。

これを転換点として調整に入るのか、明日の動きが注目です。

 

 

■各市場の動き

 

日経平均:17,068.02       +233.18    +1.39%

NYダウ(ドル):17,873.22    +44.93     +0.25%

ドル(円):111.33-34      +1.56円安     +1.42%

ユーロ(円):123.74-79       +1.07円安     +0.87%