TOPICS

2016/06/17

2016年6月17日日経概況

2016年6月17日の東京株式市場は反発しました。

終値は165円52銭(1.07%)高の1万5599円66銭でした。

英国の欧州連合離脱(BREXIT)への懸念がやや後退し、などの解説が

されていますが、そんなことはないので慎重に考えるようにしてください。

今週に入って1,396円下がった日経に対して押し目買いと

売り方の買い戻しが入ってきたに過ぎないので、

本格的な上昇への転換、などはまだ思わない方がいいでしょう。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は反発しました。

ダウ工業株30種平均は6日ぶりに反発して、

前営業日比92ドル93セント(0.5%)高の1万7733ドル10セント、

ナスダック総合株価指数も6日ぶりに反発して、

前営業日比9.984ポイント(0.2%)高の4844.915ポイントで取引を終えました。

 

朝方は売りが優勢でしたが、5日に渡って下落してきたことで

押し目買いのタイミングにあったこと、

売り方の買い戻しが入ってきたことも加わり

反発しましたが、上昇幅は大きくありませんでした。

 

日本市場は米国市場の小幅上昇を材料で買いが入ることもありでしたが、

週末を控えて、空売りのポジションを膨らませていた売り方の買い戻しが入って

買いが優勢の動きで推移しました。

 

上昇幅を340円に広げる場面もありましたが、

買いの方も週末要因を考慮して早速利益確定に動いた結果、

引けにかけて急速に上げ幅を縮めました。

 

テクニカル的には長い上ヒゲを持つ小陰線を形成、

力強く戻りを試したものの、5日移動平均線が上値の抵抗として認識され、

上値を追い上げる動きにはなりませんでした。

テクニカルだけで考えるなら、今日の陰線は昨日の陰線に包まれる

陰の陰はらみ、翌営業日の来週にギャップ開けた陽線を形成するなら

強気転換のサインとして解釈されます。

 

今週のまとめと来週の展望です。

先週末に予想した通り、今週も引き続き神経質な動き、

1,396円下げてきてから、微弱な反発で終わりました。

後付け的に「英国の欧州連合離脱(BREXIT)への懸念がやや後退したので、

本日は上げた」のような文字が躍っていますが、

状況はそんなに変わってないので、

いきなり買いを膨らませるような行動には繋がりにくいでしょう。

 

一つの変数として作用しそうなのは、

英国でBREXITの残留を支持する最大野党労働党の

女性下院議員が射殺されるという事件が発生したことで、

同情票が残留支持へ向かう可能性があると解釈されていることです。

しかし、今回のBREXITはあまりにも大きな事象で、

そのような事件一つで大きな流れが影響されるようなことではありません。

23日の国民投票に向けてはさらに色々な事件の発生と思惑が交差するはずなので、

基本的は神経質な動きの領域から抜け出せないでしょう。

 

ただ、本日の動きから来週の前半は少し反発してから、

23日にむけて再び持ち高を調整する動きになると予想されます。

残留が決まる場合、上放れするリスクというのも存在するので、

戦略としては、株価回復局面で買われやすい大型・輸出関連を中心に

ファンダメンタル的に堅実な銘柄を中心に打診買いを入れる動きで行きましょう。

 

波乱の一週間、お疲れ様でした。

空売り保持していた銘柄にも一部利益確定が出たので、

ゆったりとして気持ちで週末を過ごし、

来週は東京で、再来週は沖縄でナマのジョンに会いましょう。

お疲れ様でした!

 

■各市場の動き

 

日経平均:  15,599.66     +165.52     +1.07%

NYダウ(ドル):17,733.10     +92.93      +0.52%

ドル(円):   104.16-17     +0.23円安   +0.22%

ユーロ(円):  117.13-17     -0.02円高    -0.01%