TOPICS

2016/06/20

2016年6月20日日経概況

2016年6月20日の東京株式市場は大幅に続伸しました。

終値は365円64銭(2.34%)高い1万5965円30銭でした。

英国の欧州連合離脱(BREXIT)への懸念がやや後退したことが引き続き

材料になり、為替市場では円高基調が一服、大きく買われました。

テクニカル的には先週の解説で説明した通り、

上昇トレンドへの転換を示す動きですが、まだ2兆円を上回らない

熱気のなさは懸念事項として残ります。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は反落しました。

ダウ工業株30種平均は反落して、

前営業日比57ドル94セント(0.3%)安の1万7675ドル16セント、

ナスダック総合株価指数も反落して、

前営業日比44.577ポイント(0.9%)安の4800.338ポイントで取引を終えました。

 

英国の欧州連合離脱(BREXIT)に対しる不透明性が

引き続き意識され、週末を前に持ち高を調整する動きで売りが広がりました。

残留支持派の労働党議員が射殺されたことで、

世論が残留支持に傾くと意識され、英米株は上昇しましたが、

米国市場の買い材料になるには乏しく、

前日の上昇に対する利益確定の売りが先行する形になりました。

 

日本市場は週末の間に世論調査の結果が残留支持が優勢になったとの

結果を受けて、離脱問題の懸念が後退したと解釈され

買いが先行、240円高くスタートしました。

 

為替市場はポンドが急上昇、円高基調が一服したことを受け

上げ幅を拡大して、365円高で本日の取引を終えました。

 

テクニカル分析です。

先週末は「テクニカルだけで考えるなら、今日の陰線は昨日の陰線に包まれる

陰の陰はらみ、翌営業日の来週にギャップ開けた陽線を形成するなら

強気転換のサインとして解釈されます。」と解説しました。

その通りで本日は窓開けの陽線を形成、

短期的には強気転換のサインとして捉えることができます。

 

ただし、喜んで買っていける場面かというと

長続きするかは疑問が残る強気転換のサインとなります。

懸念事項としてあげられることは、

世論調査が残留に傾いているとはいうものの、不透明性は払拭されず

まだ波乱の要因を含んでいるということです。

結局は24日(日本時間)の結果が出るまでは余談を許さない状況が続き、

ちょっとしたニュースで揺れ動く相場は今週も続くとみられます。

 

為替市場では日本人トレーダー(いわゆるミセスワタナベですね。)による

ポンド買いが積み上がり(明らかに“残留”を見込んでのポンド買いでしょう)

離脱に転んだ場合の大量の追証発生と株価暴落への懸念もささやかれています。

 

残留でしょうか、離脱でしょうかとよく質問されますが、

いつも言っている通り、占い師ではないので結果はこれですと言えませんが、

個人的な考えとしては、「現実的には残留する 」と考えています。

(これを材料にポンド買い!と走らないでください)

 

テクニカル・ファンダメンタルをまとめて考える戦略としては、

先週末に引き続き、株価回復局面で買われやすい大型・輸出関連を中心に

ファンダメンタル的に堅実な銘柄を中心に打診買いを入れる動きで行きます。

空売りしたポジションは、下げ止まり、トレンド転換が見られるので、

利益確定の注文をしっかり入れておいてください。

相場の変動性が高いので、逆指値の条件を満たしたら

「成行」で売る、または買い戻すように設定してください。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆9074億円、

2兆円を下回りました。

売買高は18億4484万株、東証1部の値上がり銘柄数は1776と全体の9割、

値下がりは134、変わらずは49銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:  15,965.30    +365.64     +2.34%

NYダウ(ドル):17,675.16    -57.94      -0.32%

ドル(円):   104.53-54   +0.29円安    +0.27%

ユーロ(円):  118.55-59   +1.31円安    +1.11%