TOPICS

2016/06/28

2016年6月28日日経概況

2016年6月28日の東京株式市場は続伸しました。

終値は13円93銭(0.09%)高い1万5323円14銭でした。

英国の離脱決定を受けて、世界的に金融市場には

変動性の高い動きが続いています。

日本市場は米国市場の下落を受けて大きく下げましたが、

その後は大きく戻してくるなどの不安定な動きになりました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は大きく続落ました。

ダウ工業株30種平均は大きく続落して、

前営業日比260ドル51セント(1.5%)安の1万7140ドル24セント、

ナスダック総合株価指数も大きく続落して、

前営業日比113.536ポイント(2.4%)安の4594.443で取引を終えました。

 

英国の欧州連合離脱(BREXIT)の混乱が続いており、

市場には不透明性が高まっています。

ダウ工業株30種平均3ヶ月ぶり、

ナスダック総合株価指数は4ヶ月ぶりの安値です。

日本市場同様、金融関係の銘柄に下げが目立ちます。

 

日本市場は前日の大きな反発があった後、

米国市場の続落を受けて、下落で始まりました。

午前中は300を超える下げ幅の後、50円安値で前場引けました。

 

後場に入ると政策期待や押し目を買っていく動きで

急速にプラスに転換、100円を超す上昇になるなど、

変動性の高い相場が続き、方向感の掴みにくい動きになりました。

 

業種別上昇率の上位は建設業、食料品、小売業など

依然ディフェンシブ銘柄が占めており、

割安とみられる業種には買いが向かわず

投資家の心理がまだ改善したとは言えないことを示しています。

 

当分は難しいことを考えずに、資金が向かうところに

買い銘柄を選定して向かう戦略でいきます。

また短期勝負というスタンスを頭に入れて行動してください。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆3571億円、

売買高は24億9562万株で商いは増えてきました。

東証1部の値上がり銘柄数は1000 、

値下がりは835、変わらずは120銘柄でした。

 

 

■各市場の動き

 

日経平均:  15,323.14     +13.93    +0.09%

NYダウ(ドル):17,140.24     -260.51    -1.49%

ドル(円):  102.11-12     +0.10円安    +0.09%

ユーロ(円): 112.90-94     +0.02円安              +0.01%