TOPICS

2016/06/30

2016年6月30日日経概況

2016年6月30日の東京株式市場は小幅に4日続伸しました。

終値は9円09銭(0.06%)高の1万5575円92銭でした。

英国のEU離脱に伴う不透明性が一服、

米国市場などが大きく上げたことを受けて買いが先行しました。

ただし、100円を超える上昇幅から前日の終値を挟んでの動きまで

押し戻されることで、上値を追う積極的な動きにまでは至っていません。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は大きく続伸しました。

ダウ工業株30種平均は2日続伸して、

前営業日比284ドル96セント(1.6%)高の1万7694ドル68セント、

ナスダック総合株価指数も2日続伸して、

前営業日比87.378ポイント(1.9%)高の4779.245で取引を終えました。

 

英国の欧州連合離脱(BREXIT)後、暴落した世界株式市場が

下落が一服したことを受けて、一旦は戻る動きを見せています。

ニューヨーク原油先物相場は大きく上昇したことも手伝い、

2日間で24日の下げ幅(870ドル)半分を超える554ドルの戻しを達成しました。

 

日本市場は世界的な株高を受けて、大きく買いが先行して

スタート、上げ幅を拡大させる場面が見られました。

102円後半で円安、円高と小動きに終始している為替相場をにらみつつ、

130円以上の上昇を見せたあとは、上値が抑えられました。

 

後場に入って前日の終値を挟んでの動きで、

引けにかけてはより大きく押されて、

前日の終値に近い水準で引けました。

一回調整に入る気配が濃厚な陰線で引けました。

 

テクニカル的には短い上髭を持つ陰線を形成、

火曜日にボリンジャーバンドの-2σの中に入ってきてから

本日で-1σを超えてきました。

これで24日暴落幅の半値戻しを達成しましたが、

押し目買いの一服により、明日は本日の安値を切り下げながら

調整に入る可能性も出てきました。

 

世界市場もどこかがトリガーを引くと、

一回大きく調整に入る可能性があります。

明日は金曜日という週末要因も考慮して、

利益確定、ロスカットの逆指値注文はきっちり設定してください。

 

戦略としては、方向感の出難い相場に入ったので、

明日は新規の買いを仕掛けるより、保持中の銘柄に対して

利益確定の最大化か損失限定に集中します。

 

食料品・医薬・小売などの保有銘柄には

本日も売りが先行、調整に入りました。

ディフェンシブ銘柄は一回調整したあと、

トレンド転換をするともう一度買い向かう戦略と、

マザーズ市場の物色を同時進行で進めるのが有効な戦略でしょう。

 

■各市場の動き

 

日経平均:  15,575.92     +9.09     +0.06%

NYダウ(ドル): 17,694.68    +284.96     +1.63%

ドル(円):  102.69-70    +0.27円安    +0.26%

ユーロ(円):113.97-02                +0.58円安    +0.51