TOPICS

2016/07/13

2016年7月13日日経概況

2016年7月13日の東京株式市場は3日続伸しました。

終値は135円78銭(0.84%)高の1万6231円43銭でした。

高値レベルでは6/24の暴落の高値を超えてきて、

BREXITショック以来、3週間ぶりの高値を確保しました。

史上最高値を更新した米国市場の上昇や104円台まで進んだ円安を追い風に

3日で1,100円上昇の力強さをみせました。

ただし、前日解説した通り、高値付近では戻り待ちの売りが出ることで

上値を抑えました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は3日続伸しました。

ダウ工業株30種平均は3日続伸して、

前営業日比120ドル74セント(0.7%)高の1万8347ドル67セント、

ナスダック総合株価指数も上昇、5日続伸して、

前営業日比34.181ポイント(0.7%)高の5022.820で取引を終えました。

 

ダウ工業株30種平均は2015年5月19日に付けた史上最高値を更新、

ナスダック総合株価指数も5,000の大台を回復しました。

連日上昇する世界株式市場の動きで投資家心理が改善し、

S&P500種株価指数も連日の最高値更新になりました。

 

日本市場は前日の米国株高や

為替市場で進むドル高/円安基調を受け、朝方から買いが先行、

248円高くスタートしました。

 

上げ幅を348円まで広げる場面も見られましたが、

暴落前の高値水準に近づくと戻り待ちの売りが出たことで、

+135円で本日の取引を終えました。

 

 

外資系証券5社の注文状況は7月に入って最も大きな金額での買い越し、

高値で売りに出す日本の投資家の特徴が再び出てきました。

相変わらず外国人が買い進めることが、上値を追う動きを演出しています。

 

テクニカル的には短期の転換を示すサインが点灯しました。

三空を開けながら75日線に3日で到達して、達成感の出やすい環境です。

前日は「特に6/24の暴落が始まった16,380円付近では戻り待ちの売りも構えているので、

しっかり利益を固めながら上値を追う必要があります。」と書きました。

本日の高値付近ではそのままの動きになりました。

 

ここからの投資戦略です。

転換を示すサインが点灯したとはいっても、

明日は下がると決まってわけではないので、

上に行く可能性は開いたまま、下値で利益をしっかり固めながら

伸ばしていきます。前日から今日にかけて利益確定になるものが増えてきました。

 

いつもそうですが、

利益確定・ロスカットの注文設定は怠らないようしてください。

 

東証1部の売買代金は2兆8916億円、大暴落を起こした

6月24日(3兆3383億円)以来の高水準となりました。

4日続けて2兆円を上回ることで、

商いを伴って上昇する望ましい動きになってきました。

売買高は27億3943万株、値上がり銘柄は1277、

値下がりは597、変わらずは93でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均:  16,231.43     +135.78     +0.84%

NYダウ(ドル):18,347.67     +120.74     +0.66%

ドル(円):   104.32-33     +1.32円安     +1.28%

ユーロ(円):  115.37-41     +0.95円安     +0.83%

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/