TOPICS

2016/07/15

2016年7月15日日経概況

2016年7月15日の東京株式市場は5日続伸しました。

終値は111円96銭(0.68%)高の1万6497円85銭でした。

投資家心理の改善によってリスクオンの市場では、

1万6,000円台に安着する姿を見せています。

連日史上最高値を更新する米国市場や好調な動きを続ける

欧州市場の動きに加えて、106円台を伺う為替市場は

後押しをしています。上げ幅を200円以上に広げましたが、

3連休の前に利益確定がでることで上値は限定されました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は幅のある上昇でした。

ダウ工業株30種平均は5日続伸して、

前営業日比134ドル29セント(0.7%)高の1万8506ドル41セント、

ナスダック総合株価指数は反発して、

前営業日比28.331ポイント(0.6%)高の5034.058で取引を終えました。

 

好調な欧州市場の動きに加えて、4 半期決算の業績発表が本格化、

金融株への期待感が市場を牽引しました。

ダウ工業株30種平均は3日連続で史上最高値を更新しています。

またナスダック総合株価指数も6ヶ月ぶりの高値です。

 

日本市場は堅調な欧州市場の動きや3日連続で史上最高値を更新する

米国の株高を背景に、小幅に買いが先行、11円高くスタートしました。

一時106円台も見せた為替市場の円安基調が加わり、

220円の上昇幅まで演出しましたが、

3連休前の週末という要因で、利益確定が出て上値は限定されました。

 

指数への寄与度の高いファーストリテイリングがストップ高で

全体を大きく引き上げた感じはありますが、

上昇と下落の銘柄数が拮抗することから「底値が固い」とみるべきでしょう。

 

これで今週はすべての営業日で上昇、

BREXITによる影響の長期化・影響の深さなどが心配されましたが、

投資家の頭ではいつのまにか「BREXIT?あったね、そんなもん」のような

雰囲気になってきました。

 

戦略メールの銘柄もポジションを持つものはほとんど気持ちいい

利益確定になり、軽い気持ちで3連休を迎えることができそうですね。

 

東証1部の売買代金は概算で3兆1130億円、6月24日以来の3兆円台、

売買高は25億1078万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は980、値下がりは878と上げ下げ拮抗で、

変わらずは109でした。

 

来週のポイントと戦略です。

外部環境が改善してきたところで、今度は内部の本質的な問題です。

米国同様、 四半期決算が本格化するので、

そのニュースで左右されることが多くなる材料探しの相場になります。

 

少し停滞気味のLINEや、

まだまだ力を発揮するポケモン(あ、正式には”任天堂”ですね。)など

ゲーム関連テーマ株には引き続き注目が集まりますね。

 

暑い天気の中、楽しい週末を過ごした後、

来週は東京で、その翌週は大阪でジョンに会いましょう。

日本のみなさまとの再会を楽しみにしております。

 

良い週末を!

 

■各市場の動き

 

日経平均:  16,497.85    +111.96    +0.68%

NYダウ(ドル):18,506.41     +134.29    +0.73%

ドル(円):    105.77-78    +0.34円安   +0.32%

ユーロ(円):   117.82-86    +0.81円安   +0.69%