TOPICS

2016/07/20

2016年7月20日日経概況

2016年7月20日の東京株式市場は7日ぶりに反落しました。

終値は41円42銭(0.25%)安の1万6681円89銭でした。

6日の続伸で1,616円の上昇幅を見せた後、

短期の過熱感が出ることで利益確定の動きになりました。

まさかこの上昇がずっと続くとは思ってなかったですね?

上げ幅は一時170円に達していますが、

下値ではまたしっかり押し目買い、任天堂以外は商いも閑散となりました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

米国市場は小幅な上昇と反落のまちまちな動きになりました。

ダウ工業株30種平均は8日続伸して、

前営業日比25ドル96セント(0.1%)高の1万8559ドル01セント、

ナスダック総合株価指数は反落して、

前営業日比19.410ポイント(0.4%)安の5036.373ポイントで取引を終えました。

 

主要企業への業績期待を背景に

ダウ工業株30種平均は6日連続で過去最高値を更新しました。

しかし、上げ幅には陰りが見え始め、

連日の史上最高値を更新する上昇が一服することを示しています。

 

日本市場は6日で10%の上昇を続けた結果、

朝方から利益確定の売りが優勢でした。

-77円で寄り付いた後は、下げ幅を拡大、169円までの

下げを演出しました。

 

下値では政策期待や、利益確定で増加した資金を別のセクターに回して買っていく

セクターローテーションにより内需株に買いが集まりました。

内需株がしっかりすることで下げ幅は縮小、41円安で引けました。

 

大きな下落というよりは、次の飛躍のための準備をしている雰囲気です。

 

テクニカル的には前日のローソク足がボリンジャーバンドの+2σを飛び出し、

短期的な過熱感が意識されてから、本日は+2σに股がる下げになりました。

下ヒゲの長い陽線を形成することから、下げの圧力は強くなく、

調整が終わると再び反転して上昇継続になる形です。

 

ここからは決算発表を控えていることから、

業績への期待を含め個別銘柄への物色が強くなりそうです。

円安が一服していることから、再び円高の影響を受けにくい内需株に注目が集まります。

 

保有している内需銘柄には利益が乗ってきましたが、

ニュースで揺れやすくなる相場なので、しっかりチェックしながら

利益の確保につとめましょう。

 

個別銘柄では、日本上陸の延期報道があった任天堂が大きく下落、

関連銘柄にも売りは広がっています。

こちらも一回下げて反転するときに次のトレードを実行することで

対処することができます。

■各市場の動き

 

日経平均: 16,681.89     -41.42    -0.25%

NYダウ(ドル):18,559.01    +25.96    +0.14%

ドル(円):  106.16-17    +0.21円安    +0.19%

ユーロ(円): 116.64-68     -0.53円高   -0.45%