TOPICS

2016/08/04

2016年8月4日日経概況

2016年8月4日の東京株式市場は反発しました。

終値は171円78銭(1.07%)高い1万6254円89銭でした。

冷え込んだ投資家心理を反映して朝方は下落、

長い下ヒゲを作った後、ETFの買い入れ枠倍増が本格的に

動き出すとの思惑で買われていましたが、上値が押さえられるなど

今週はずっと不安定な動きが続いています。

明日の米国雇用統計発表に備えて、積極的に動きづらいという心理も

上値を抑える要因になりました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

米国市場は8日ぶりに反発しました。

ダウ工業株30種平均は8日ぶりに反発続落して、

前営業日比41ドル23セント(0.2%)高の1万8355ドル00セント、

ナスダック総合株価指数も早速反発して

前営業日比22.005ポイント(0.4%)高の5159.737で取引を終えました。

 

取引終了にかけて反発したニューヨーク原油先物相場の動きで

買いが入りましたが、上値は重く

前日の終値を挟んでの動きに終始しました。

7日続落後の8日目の反発、この間の動きはずっと2桁台の上げ下げ、

テクニカル的には綺麗なほどぐっついたローソクを作りながら

下がって25日線に戻りました。

戸惑いが見える位置ですので、米国市場に携わる方は気をつけてください。

 

日本市場は原油市場が反発、米国市場が上昇しましたが

方向感のない動きで特別な材料にはならず、円高の方に反応しました。

米国市場の動きを引き継ぎ85円高くスタート、

長い下ヒゲを作りながら節目となる16,000円を割り込む場面もありましたが、

円高が一服したことと、ETFの買い入れ枠倍増への期待感が残っていて

値を戻し、+171円 で本日の取引を終えました。

 

テクニカル分析です。

日足は長い下ヒゲを持つ小陽線を形成、

始値が25日線付近からスタート、終値も25日移動平均線を上回りました。

長いヒゲの安値は前日説明した半値戻し

「7/8の安値から7/21までの上層を100にしたフィボナッチ分析で

半値押し(50%戻り)の16,020円付近も考えられます。」を過ぎて

15,921円まで進みましたが、半値で止まったことに意味があります。

 

ファンダメンタル的には個別物色相場が続いていますが、

その動きにも微妙な変化が見られ始めました。

上昇率上位業種には証券が大きく買われ、

個別銘柄では海運3社(商船三井、郵船、川崎汽船)やデンソーなど

お世辞でもよい業績とは言えない銘柄が目立ちます。

 

この動きは投資家心理が業績に素直に反応するよりは

出遅れ感が強い、または悪材料でもいいので、材料が出尽くした銘柄に

反応しているとのことです。

 

投資戦略は、このような状況で予想される行動に合わせて

出遅れ感がある、割安として見られやすい大型株を

スクリーニングなどで物色していくことです。

幾つかの空売り銘柄にはしっかり下げも入ってきたので、

こまめにチェックしながら利益を拡大させましょう。

 

東証1部の売買代金は2兆4633億円、

売買高は22億7559万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1159と全体の6割、

値下がりは717、変わらずは94銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,254.89    +171.78    +1.07%

NYダウ(ドル):18,355.00    +41.23    +0.22%

ドル(円):  101.58-59    +0.54円安   +0.53%

ユーロ(円): 113.17-21    -0.12円高   -0.10%