TOPICS

2016/08/10

2016年8月10日の日経概況

2016年8月10日の東京株式市場は反落しました。

終値は29円85銭(0.18%)安の1万6735円12銭でした。

為替相場が円高に振れたことで、輸出関連株に売りが進み、

底堅い相場に圧力となりました。

下値では早速支えの買いが入ることで、小幅の陽線になり

底堅さを表しましたが、懸念材料は消えていません。

その懸念材料とは?

本日も最後までしっかりお読みください。

 

米国市場は上昇しましたが、本日も3つの主要指標が0.3%以内の上昇で、

エネルギーを溜めながら、何かを企んでいる流れになっています。

ダウ工業株30種平均は小幅に反発して、

前営業日比3ドル76セント(0.0%)高の1万8533ドル05セント、

ナスダック総合株価指数も小幅に反発 して

前営業日比12.339ポイント(0.2%)高の5225.480で取引を終えました。

 

ナスダック総合株価指数は2営業日ぶりに最高値を更新する

力強さを演出しています。

先週末の大幅な上昇に対する利益確定が続きましたが、

好調な米国企業の業績への期待から下値は限定され、買いが進みました。

 

日本市場は為替市場で進む円高基調が嫌気され、売りが先行しました。

大阪取引所やSGX(シンガポール)市場の日経225先物が

下げて始まったこともあり、前日の終値より65円安くスタート、

105円以上の下げ幅を演出する場面もありました。

 

為替は102円台から101台に突入、トヨタを始めとする

輸出関連株に売りが進むことで指数を押し下げました。

外資系5社による注文動向は930万株の買い越し、

今月に入って8/4以外はすべて買い越しで

割安として放置されていた日本株に

少しずつ買いが進んでいることを表しています。

 

企業業績は発表終わりかけで、思ったほど悪化してないことが

支援材料になっていますが、為替相場を取り巻く円高基調の継続は

上値の重さにつながっています。

 

テクニカル分析です。

日経平均の日足は、上下ヒゲを持つ小陽線を形成。

強い方向感を示唆する形ではありませんが、

着実に下値を切り上げる動きで、本日も底堅さをみせつけてくれました。

前日に続き25日線と75日線のゴールデンクロスが近づいてきています。

これに加えて次、視野に入ってくるのは200日線です。

 

明日からの投資戦略です。

円高が進むと本領を発揮するディフェンシブ銘柄、

今回も買われ、上昇につながりました。

 

つい最近まで課題銘柄として紹介していたカルビーなどが買われ、

トレンド転換と共にトレンド継続になってきたので、

注目するに値します。

 

また、輸出・大型銘柄は一回、調整に入っていきますので、

再びトレンドを転換して上に行き始めると、次のチャンスにつながります。

ただし、2兆906億円と一段と弱まった商いが懸念材料として、

さらなるトレンドのためには商いが増えながら

主要銘柄が買われていく必要があります。

 

前日は「値ガサ株で本日も大きく上げながら指数を盛り上げた

ソフトバンク(9984)はさらに注目です。」と紹介しましたが、

本日も盛り上げてくれています。

引き続きトレンド継続に乗せていく戦略で注目です。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆906億円、

売買高は17億31万株でした。

値下がり銘柄は1043、値上がりは792、変わらずは135でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,735.12   -29.85     -0.18%

NYダウ(ドル):18,533.05   +3.76     +0.02%

ドル(円):  101.58-59   -0.84円高    -0.82%

ユーロ(円): 113.10-14   -0.34円高    -0.29%

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/