TOPICS

2016/08/18

2016年8月18日の日経概況

2016年8月18日の東京株式市場は大幅に反落しました。

終値は259円63銭(1.55%)安の1万6486円01銭でした。

米国市場が反発して世界的には株高局面と言えますが、

為替が再び円高に傾いたことに加えて、

日銀によるETF買いが入らなかったことによる

失望売りが後場に入って下げを加速させました。

ETFの買い入れ増額はプラス材料ではありますが、副作用も懸念されます。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は反発しました。

ダウ工業株30種平均は反発して、

前営業日比21ドル92セント(0.1%)高の1万8573ドル94セント、

ナスダック総合株価指数も小幅に反発して

前営業日比1.546ポイント(0.0%)高の5228.657で取引を終えました。

 

市場の注目材料になっていた7月開催分FOMCの議事録公表では、

利上げに関しては慎重な見方を表明することが大半で、

追加利上げペースが緩むとの観測で買いが入りました。

 

日本市場は明確な材料がない中で円高が嫌気され

96円安くスタート、先週までのパターンが通り、

「下がると日銀のETFが入る」との期待から、買いが入ることで

下げ渋る場面が午前中に見られました。

 

しかし、期待を裏切ってETF買いが入らなかったとの見方が広がると、

午前中に買いで入ったポジションも売りに出され

下げのスピードを速めました。

本日の安値付近となる−259円で大引けを迎え

変動性の高い相場という印象を強めました。

 

テクニカル的には短い下ヒゲを持つ陰線を形成、

下げを強める形ですが、25日線をまたがって終わり

迷っている様子です。

ボリンジャーバンドの収束が終わり、横ばいになってきたので、

動きとしては停滞期、ここから上か下に振れる動きになりやすい状況です。

 

ファンダメンタルについて考えてみましょう。

サマリーで触れたようにETF買い入れの増額は

もちろん株式市場にとってプラス材料ではありますが、

商いが薄いとはいえ、日本の市場がETF買い入れ依存しすぎる傾向に

なってきたという副作用も現れています。

 

体表的な動きが先週と今週も動き、

先週はETF買いへの期待から上げた相場、

今週はその動きに一喜一憂する神経質な相場で

変動性が高まるゆえに、投資家はスタンスをとることが難しくなっています。

 

変動性が高いですが、仕込んでいる銘柄は

上げ戦略も下げ戦略もしっかりした動きなので、

落ち着いて、流れに逆らわずについていきます。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1485億円、

売買高は18億7609万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1594、

値上がりは304、変わらずは75銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,486.01    -259.63    -1.55%

NYダウ(ドル):18,573.94   +21.92    +0.11%

ドル(円):  100.26-27    -0.44円高   -0.43%

ユーロ(円): 113.61-65    +0.13円安   +0.11%