TOPICS

2016/08/22

2016年8月22日の日経概況

2016年8月22日の東京株式市場は続伸しました。

終値は52円37銭(0.32%)高の1万6598円19銭でした。

円高基調が少し後退、99円台から100円台に戻ったことで

材料が少ない中でも下値固く動きました。

米国市場は反落して支援材料にはなりませんでしたが、

高値圏で維持していることには変わりはなく、

日本市場は円相場をにらみつつ、内部の材料を探してはこなしていく

相場が続いています。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は反落しました。

ダウ工業株30種平均は小幅に反落して、

前営業日比45ドル13セント(0.2%)安の1万8552ドル57セント、

ナスダック総合株価指数も反落して

前営業日比1.767ポイント(0.0%)安の5238.378で取引を終えました。

 

主要な経済指標の発表もなく、材料が少ない中、

市場の注目は利上げの可能性に集まっています。

先週末はニューヨーク連銀総裁やサンフランシスコ連銀総裁が

利上げに前向きな発言をしたということで、

利上げの可能性が意識され、売りが先行しました。

 

ダウは8/5の大幅な上昇以降、上にも下にも触れず

停滞した動きが続いています。

25日線に支えられていますが、ボリンジャーバンドが狭まり

動きが読みづらくなっています。

 

日本市場も明確な材料がない中、欧州や米国市場が下落したものの

買いが小幅に先行して始まりました。

先週末の終値より54円高く始まった日経ですが、

勢いが強く続くことはなく、

午前中は先週末の終値を挟んで方向感のない展開を続けました。

 

主要な決算結果も出揃って材料が少ないこともあり、

午後も方向感のない展開が続き

小幅の動きで本日の取引を終えました。

 

テクニカル分析です。

小動きではありますが、先週末の高値と安値を切り上げる上昇の陰線を形成

25日線を抜けようとしていますが、またがって終わり、

迷いを強める動きが続いています。

下げの目安は25日線というポイントではきちんと止まっていますが、

ここを抜け出すにはまだ力不足な印象です。

4月25日を起点とする6ヶ月の目線でみると、

二等辺三角形の三角持ち合いを形成中で、この形で判断しても

「上にも下にも」という曖昧な答えしか出ません。

 

ファンダメンタルとテクニカルを総合して分析してみましょう。

9月に意識すべきことは、円高基調が継続するか。

継続するならそれはいつまでなのかということです。

先週末に解説した通り、注目材料は2つ

 

1. 9/2の雇用統計

雇用統計の結果により米国経済の先行きに強い材料が出る場合は

ドル高・円安に振れる可能性がある。

 

2. 9月20-21日に予定される日銀の金融政策決定会合

ここでマイナス金利の深堀など追加の金融緩和が出ることで

円安に振れる

 

これに加えて9月21日の同日には米国のFOMCの結果発表があります。

直近では9月の利上げ可能性が囁かれていますが、

個人的には相当難しいのではないかと考えています。

 

上下振れながら下値を固める動きになる流れになるので

投資戦略は基本スタンスを変えず、割安として放置されている

優良銘柄を少しずつ仕込んでいく戦略でいきたいと思います。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆6278億円で

2兆円に大きく届かないことから、明確な材料がない中

次の流れまで待ちを決め込んだ投資家が多いことを示しています。

売買高は14億819万株で薄商いでしたが、

東証1部の値上がり銘柄数は1412に対して値下がりは446と、

騰落率ではしっかりした動きになりました。

東証1部の変わらずは115でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,598.19     +52.37     +0.32%

NYダウ(ドル):18,552.57    -45.13     -0.24%

ドル(円):  100.52-53    +0.39円安    +0.38%

ユーロ(円):  113.58-62   +0.17円安    +0.14%