TOPICS

2016/08/23

2016年8月23日の日経概況

2016年8月23日の東京株式市場は3日ぶりに反落しました。

終値は100円83銭(0.32%)高の1万6497円36銭でした。

先週から懸念材料として上げていた円高基調が再び進行、

輸出銘柄を中心に売りが広がりました。

上昇する材料が見当たらないという言い方もできますが、

「ドルを買ってあげる要因が見当たらない」というのが

現状には相応しい表現ではないでしょうか。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は下落と上昇、まちまちな動きになりました。

ダウ工業株30種平均は小幅に続落して、

前営業日比23ドル15セント(0.1%)安の1万8529ドル42セント、

ナスダック総合株価指数は小幅上昇して

前営業日比6.225ポイント(0.1%)高の5244.603で取引を終えました。

 

日本市場同様、主要なイベントを控えており、

積極的な買いが見られない中、方向感のない小さい動きが続いています。

 

日本市場は米国市場の方向感の欠けた動きに加えて、

為替相場で円高基調が広がり、売りが先行、

前日の終値から49円安くスタートしました。

 

大きな動きにはならず、前日の終値を挟んでの動きが続き、

前場を-37円で終えると、早速日銀によるETF買いへの期待が動き、

後場に入って早速プラス圏に浮上しました。

 

しかし、ETF買いが入ったとは思えないほど

上値が重くなると早速失望売りが入ることで、

下げ幅を拡大しました。

 

夏休みから帰ってきた投資家も参戦しているとはいうものの、

9月20日-21日の 米国FOMCを方向づけるとされる

イエレンFRB議長の講演までは動きづらいと捉える市場関係者が多く、

為替市場でも一方的にポジションを傾けることが

難しい雰囲気が強く支配しています。

 

現在の市場は株式市場内部の要因よりは

ドルを買う理由がみつからないので、円高基調がなかなか一服しないという

外部要因で上下変動しているという判断が適切にみえます。

 

テクニカル分析です。

午後ETF買いの期待を反映した買いが入ることで

日経の日足は上ひげの長い陰線を形成、

チャートの流れとしては持ち合いの中での下落になりました。

依然、二等辺三角形の持ち合いが煮詰まってくる流れで、

アノマリー的に夏バテ(夏枯れ)相場と言われる7-9月の特徴を表しています。

 

テクニカル的に意識されるのは25日線、

この指標を挟んで上げては下げる動きを続けていますが、

さらに調整に入ると、25日線が下向き、

しばらくの調整続きを余儀なくされます。

 

最大の変動要因となっている利上げ、為替の動きを決定するのは

雇用統計とFOMCの動向、及び日銀の金融政策決定会合、

これらのイベントで利上げの方向性が確認されるまでは

波乱含みのわかりづらい動きは続きます。

 

それを反映して、東証1部の売買代金は連日で2兆円割れ、

絶好の様子見ムードです。

投資戦略は ETF買いに期待して、無駄に材料もない銘柄に買いを入れて

空振りをするよりは、保持している銘柄を温存させることや、

前日まで伝えた仕込みを続けることに徹するのが賢明でしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆8181億円、

売買高は15億8254万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1196、

値上がりは657、変わらずは120銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,497.36    -100.83     -0.61%

NYダウ(ドル):18,529.42    -23.15     -0.12%

ドル(円):   100.06-07    -0.71円高   -0.70%

ユーロ(円):   113.47-51   -0.21円高   -0.18%