TOPICS

2016/08/30

2016年8月30日の日経概況

2016年8月30日の東京株式市場は反落しました。

終値は12円13銭(0.07%)安の1万6725円36銭でした。

前日に400円近い上昇をしたことから

利益確定をする動きが広がりました。

下落はしたものの、下値は限定的で固く維持し、

方向感のつかめない動きというのが正しい分析と言えます。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は4営業日ぶりに反発しました。

ダウ工業株30種平均は反発して、

前営業日比107ドル59セント(0.6%)高の1万8502ドル99セント、

ナスダック総合株価指数は続伸して

前営業日比13.411ポイント(0.3%)高の5232.328で取引を終えました。

 

米国経済の7割をにぎる消費の動向を図る指標である

7月の個人消費支出(PCE; personal consumption expenditure)が

前月比で増えたことが好感され、買いが進みました。

また前営業日までに3日続落したことで、

戻りを期待する買いが入ったことも上昇を後押ししました。

 

日本市場は前日の大幅高の反動で利益を確定する動きが先行、

前日終値より47円安くスタートしました。

47円安から前日の終値付近に戻り、午前中は5円安のレベルで引け、

大引まで終値を挟んだ動きが続きました。

 

下落はしたものの、為替市場は102円台で推移する円安基調、

大きく売られる場面は見られず、

週末の雇用統計を睨んでの様子見ムードで薄い商いで終わりました。

 

テクニカル分析です。

日経平均の日足は、上下に短いヒゲをもつ小陽線を形成、

前日の高値を越えることはできなかったものの、2日間の動きは持ち合い、

形で判断する場合は悲観的になる必要はない動きです。

 

ボリンジャーバンド判断すると、+1σが上値を抑える抵抗線で作用、

+2σから-2σの全バンドは範囲が狭まった状態で横ばい、

今週末の結果がでるまでは持ち合いが続くとみられます。

 

投資戦略としては市場全体が明確なトレンドを示す

トレンド相場ではないので、

個別材料で買った銘柄の利益確定を精密にすること、

今後の拡大に備えて、割安な優良銘柄を仕込み続けるところに集中したいと思います。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆6783億円、

売買高は15億4953万株の低調な商いでした。

東証1部の値下がり銘柄数は1029と全体の約5割が下がって、

下値が堅いことを示しています。

値上がりは778、変わらずは164銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,725.36    -12.13    -0.07%

NYダウ(ドル):18,502.99   +107.59    +0.58%

ドル(円):  102.28-29    -0.01円高   0.00%

ユーロ(円): 114.21-25    -0.16円高   -0.13%