TOPICS

2016/09/08

2016年9月8日の日経概況

2016年9月8日の東京株式市場は続落しました。

終値は53円67銭(0.32%)安の1万6958円77銭でした。

月末の日銀会合まで大きな材料になるものはない中、

米国市場や為替市場も小動きになったことで、

方向感に欠ける展開になりました。

1万7,000円台を4日ぶりに明渡しまたが、

確認ポイントとしている価格帯に近づいていることが

明日の注目ポイントになります。

そのポイントは?本日も最後までしっかりお読みください。

 

前営業日の米国市場は小幅反落と続伸になりました。

ダウ工業株30種平均は4日ぶりに反落して、

前営業日比11ドル98セント(0.1%)安の1万8526ドル14セント、

一方、ナスダック総合株価指数は続伸して

前営業日比8.018ポイント(0.2%)高の5283.926ポイントで取引を終えました。

 

ナスダック総合株価指数は連日で過去最高値を更新しました。

世界の注目(というのも少し薄れてきましたが)を集める

アップルの発表会で新型iPhoneが発表され、

一旦市場は歓迎する雰囲気で上昇しました。

 

米国市場も材料にかけているのが現状で、

このように個別株の材料を物色する動きが中心でした。

米国市場も月末のFRBまでは材料不足で小動きが続く可能性が高いです。

 

日本市場は材料が少ない中、為替レートは101円台に落ち着いた小動き、

米国市場でもこれという材料がないことで、

小さい動きに終始しました。

 

為替が高止まりしていることから、前日の終値より下落してスタートした日経は

「マイナス金利の深掘りはできないという考えはない(YesかNoかどっちやねん!)」と

述べた日銀の中曽宏副総裁の講演内容で銀行株が下落するなど

175円まで下げる場面もありました。

 

その中、売買代金の17%を占めるほど大きな商いを伴いながら、

指数を支えたのは任天堂。

アップルの「iPhone」向けに、(アンドロイドは未定)

「スーパーマリオ」の新作「スーパーマリオラン」を12月に配信すると

発表したことが好感されました。

トヨタなど輸出株に買いが戻ることも加わり、

マイナス分を引けにかけて取り戻し、53円安で引けました。

 

テクニカル的に日足は下ヒゲの長い陰線を形成、

安値で三角持ち合いの上辺に近づいてきました。

安値ではボリンジャーバンドの+1σを割り込みましたが、

終値で+1σに戻って終了、支えになっているポイントは崩したくない

気持ちが読み取れます。

 

確認ポイントは前日に引き続き

三角持ち合いの上辺に当たる1万6,730-6,750円付近を

下に抜けるか、その後は75日線までの調整です。

その前に1万6,680-6,630円付近には、8月29日からの上昇で買っていた

取引がたまっているので、支えになる可能性がある形です。

 

投資戦略としては動きのある業種に注目です。

韓国の開運大手が破綻寸前という材料で月曜日から大きく動いた

海運3社は前日まで調整を経て、本日で大きく上昇しながら

トレンド転換をしました。この上昇が続くなら短期的には注目に値します。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1925億円で、

連日で2兆円超え、売買高は16億7242万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は923、 値上がりは860、

変わらずは190銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

主な市場指標

 

日経平均(円):16,958.77    -53.67    -0.32%

NYダウ(ドル):18,526.14   -11.98    -0.06%

ドル(円):   101.71-72   +0.17円安  +0.16%

ユーロ(円): 114.40-44   +0.26円安   +0.22%