TOPICS

2016/09/09

2016年9月9日の日経概況

2016年9月9日の東京株式市場は小幅反発しました。

終値は6円99銭(0.04%)高の1万6965円76銭でした。

上昇はしたものの、前日の終値を挟んで拮抗する

持ち合いの流れから出ることができず、

底値が固いという確認だけを残して今週の取引を終えました。

為替市場では円安が進み、市場を後押ししましたが、

強い上昇まで牽引するには至りませんでした。

今週の振り返りと、来週の展望を含め

本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は続落と反落になりました。

ダウ工業株30種平均は続落して、

前営業日比46ドル23セント(0.2%)安の1万8479ドル91セント、

ナスダック総合株価指数は5営業日ぶりに反落して

前営業日比24.443ポイント(0.5%)安の5259.483で取引を終えました。

 

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が記者会見で

現行の金融政策を維持すると発表したことで、

欧州株が下落、米国市場にも投資家心理の悪化が波及しました。

また、パッとしないiPhone7を発表したアップルに対して

証券会社が投資判断を引き下げた事で大きく下落、

相場全体を圧迫しました。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は様子見ムードが強まる中、

為替市場で円安が進むことを材料に

前日終値16,958円から36円高くスタートしました。

 

一進一退を続ける中,円安の動きが一服や

午前中報じられた北朝鮮による核実験のニュースで

下げる場面もありましたが、基本的な動きは積極的な買いが入らない

方向感なしの流れでした。

相場全体には積極的に上値を追う動きが見られない

様子見ムードが漂っています。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は下ヒゲを持つ小陰線を形成、

節目、または支持されてほしいと認識されている1万7,000円を

終値で割っている他、短期動向のサインとなる5日移動平均線をも下回りました。

しかし形は高値と安値を切り上げる上昇の形となりました。

前日に引き続き、ボリンジャーバンドの+1σが支えになり、

週明けは本日の高値を抜けてくれるかが確認ポイントになります。

 

【日本市場の総合分析:今週の振り返り】

来週は良い動きになることを期待するのが当然ですが、

今週よりも持ち合いの色を強めると分析しています。

先週はFRB要人の発言で円安が進行、564円上昇でした。

反面、今週は8月ISM非製造業景況指数が市場予想を大幅に下回るなど、

米國の経済指標が弱い内容となったことで円高が進行、

日本株の上値を抑える要因となりました。

 

【日本市場の総合分析:来週の展望】

その中でも週間ベースでは40円の上昇で今週の取引を終え、

週足は陰線になる曖昧な後味を残しています。

来週の主要なイベントはありませんが、

再来週9月20~21日に予定されている

FOMC、日銀会合を前にして、ポジションを一方的に

傾けるのは難しく、方向性のはっきりしない動きが予想されます。

 

分析の材料になるのは、再来週の発表内容を裏付ける指標で

15日に米国の8月小売売上高、9月フィラデルフィア連銀業況指数が

注目に値するものです。

この内容が堅調な動きになる場合は、追加利上げが意識され

為替がドル高に触れることで、日本株を後押ししてくれる可能性は残されています。

 

【週末の挨拶】

今週もお疲れ様でした。

今週は平日中に短い海外出張に行ったこと以外は

東京を中心に過ごしましたが、朝と夜が涼しくなり快適さが増していますね。

しかし気温差がある季節、体調管理には万全を期することを大事です。

夏のほんの僅かだけ残っています。

今週末は思いっきり出かけて、最後の思い出作りをしてみるのはいかがでしょうか。

私は、、、仕事です。

よい週末を!

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,965.76    +6.99    +0.04%

NYダウ(ドル):18,479.91   -46.23    -0.24%

ドル(円):  102.15-16    +0.56円安  +0.55%

ユーロ(円):  115.15-19   +0.68円安  +0.59%