TOPICS

2016/09/15

2016年9月15日の日経概況

2016年9月15日の東京株式市場は続落しました。

終値は209円23銭(1.26%)安の1万6405円01銭でした。

米国市場は方向感なしに推移、上げの材料はない中で、

為替市場で円高・ドル安が進み、主力株の下げが市場全体を押さえ込みました。

明日は中国・香港を始め、韓国市場など

中秋節を祝うアジア市場が一斉に休場で、日本も3連休を控えて

方向感のない展開になるのが容易に予想されます。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は上げ、下げのマチマチな動きになりました。

ダウ工業株30種平均は小幅に続落して、

前営業日比31ドル98セント(0.2%)安の1万8034ドル77セント、

ナスダック総合株価指数は反発して

前営業日比18.517ポイント(0.4%)高の5173.772で取引を終えました。

 

どちらも0.5%以内の小幅な動きになりましたが、

FOMCを控えている様子見ムードに加えて、

原油先物相場の下落が投資家心理を冷やしました。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は米国市場のマチマチな動きに加えて材料難が手伝い、

方向感のない展開で調整が続きました。

前日終値より102円安くスタートしましたが

為替市場で円高・ドル安が進むことが悪材料になり、

ファナックやファストリなどの値ガサ株に売りが膨らむことで

下げ幅を徐々に拡大、-209円で本日の取引を終えました。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上ひげより下ヒゲの長い中陰線を形成、

75日線が安値で明確に意識されることで、終値では戻して終わりました。

75日線に加え、8/26の安値に並ぶことで

ここを下回ると高値は切り上げ、

安値は切り下げるラッパーパターンを形成します。

 

ラッパーはテクニカル分析上の「迷い」を意味します。

75日線、25日線共に下向いた状態での迷いなので、

ここで反発しても25日線付近まで戻るとまた迷いと戻り待ちが生じ、

上値は重くなることが予想されます。

 

【日本市場の総合分析:今後の展望】

冒頭でもふれたように、アジアの主な市場が休場になること、

日本市場も敬老の日を含む3連休に入ることも考慮すると

明日はなおさら材料を探すのが難しくなります。

明日急反発になると言っても、上昇するトレンドに転換する動きとは

思いにくい一時的な材料になるでしょう。

 

戦略銘柄として取り組んでいる銘柄もほとんど

利益確定になってトレンドを失っているので、

観察段階に入っているものがほとんどです。

3連休も入っていることなので、しばらくは観察に周り

市場を冷静に眺めるのもよいでしょう。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆8744億円、

売買高は16億7356万株でした。

前日よりは商いが少し増えましたが、2兆円割れが続いている

様子見市場であることには変わりありません。

東証1部の値下がり銘柄数は1412で全体の7割、

値上がりは438、変わらずは125銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,405.01     -209.23     -1.26%

NYダウ(ドル):18,034.77     -31.98     -0.17%

ドル(円):  102.29-30     -0.83円高    -0.80%

ユーロ(円): 115.02-06     -0.70円高    -0.60%