TOPICS

2016/09/28

2016年9月28日の日経概況

2016年9月28日の東京株式市場は続落しました。

終値は218円53銭(1.31%)安い1万6465円40銭でした。

高値引けだった昨日から、一転、権利落ち分を考慮しても

20日の金融緩和発表から形成されていた

官製相場の上昇分はすべてなくなりました。

もはや、なにをやっても狼少年状態になっている金融政策、

何をどうすべきか、本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は反発しました。

ダウ工業株30種平均は反発して、

前営業日比133ドル47セント(0.7%)高の1万8228ドル30セント、

ナスダック総合株価指数も反発して

前営業日比48.221ポイント(0.9%)高の5305.712で取引を終えました。

 

クリントンとトランプのTV討論の結果が出揃い

クリントン氏の優勢が伝わると、

買いが優勢になりました。(トランプ氏、寂しいですね。)

前日解説した通り、内容としては特段目新しい内容はありませんでしたが、

軌道を失ったミサイルのような言動を繰り返すトランプ氏よりは

不確実性が低いということで市場は好感しているようです。

 

テクニカル分析上は60日移動平均線を囲んでの攻防が続く中、

前日の陰線を囲む陽線を形成、

上昇トレンドへの回帰とは言えない形です。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は権利落ちの影響に加え、欧州の金融システム不安などが

投資家心理を冷やし、売りが先行、179円安くスタートしました。

また、長期金利の下落が続き、収益への影響が懸念される

銀行株・保険株には売りが続き、下げ幅を拡大しました。

 

株式市場一つもまともに扱えなかった金融政策が

債券市場まで制御しようとする無謀な試みは4日で終了、

長期金利を0%に誘導するという宣言から

わずか5営業日で0.09%まで下落、1ヶ月ぶりの水準まで低下しました。

 

円相場が100円台で高止まりしたことも加えて、

下げ幅が限定されることはなく、218円安で本日の取引を終えました。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は長い下ヒゲを持つ陰線を形成、

形は高値を切り下げ、安値は切り上がる持ち合いになりました。

安値では相変わらず75日線が意識され、その上で止まった後は、

値を戻してひけました。

 

ボリンジャーバンドも横ばいで、

トレンドをつかめるのが非常に難しい形で、

上か下、どちらにふれてもおかしくない動きが煮詰まってきました。

 

【日本市場の総合分析:投資戦略】

本日も乱高下の動きが止まりません。

ある意味「順調に下げている」との表現がふさわしい動きです。

 

マイナス金利をやめる、いや深堀しかないでしょうと

方向性のつかめない動きに外国人投資家も呆れて

ポジションを増やした銀行株を売りに出しています。

銀行株のみならず、8月1週目から9月2週目までの売買動向では

1兆3,000億円弱を売り越しているのがその心理の表れです。

 

一言でいうと、何をやっても順調にトレンドに載せることが難しく

短期勝負になりがちな相場だということです。

為替相場の読みにくい動きを反映して

内需株、ディフェンシブ株が物色される様子ですが、

それも「下げにくい」の領域で、積極的にあげる動きは見られません。

 

まだ内需型への物色が残っている中、

読みにくい相場で物色されやすいマザーズに

資金がシフトしている動きにも注目です。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆8211億円で、

2兆円を超えていた前日の動きからあっさりと1兆円を割り込みました。

売買高は16億4382万株、東証1部の値下がり銘柄数は1223、

値上がりは556、変わらずは101銘柄でした。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):16,465.40    -218.53    -1.31%

NYダウ(ドル):18,228.30   +133.47    +0.73%

ドル(円):   100.71-72   +0.18円安   +0.17%

ユーロ(円):  112.88-92   -0.20円高   -0.17%