TOPICS

2016/10/20

2016年10月20日の日経概況

2016年10月20日の東京株式市場は大幅に5日続伸しました。

終値は236円59銭(1.39%)高の1万7235円50銭でした。

モヤっとするような上昇幅で17,000円台突破を狙っていた市場が

円安と内需系企業の好調な動きを背景に一気に動き出しました。

商いを伴いながら、終値ベースでは半年ぶりの高値で引けたことで、

投資家心理がリスクオンになれるか、これから期待してみる場面です。

チャンスが到来した銘柄に関しては積極性を発揮して

取り組んでいきましょう。本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は続伸しました。

ダウ工業株30種平均は反発して、

前営業日比40ドル68セント(0.2%)高の1万8202ドル62セント、

ナスダック総合株価指数も小幅ではありますが続伸して

前営業日比2.576ポイント(0.0%)高の5246.412で取引を終えました。

 

7~9月期決算が大幅な増益の結果になったモルガン・スタンレーなど

市場予想を上回る企業が相次ぎ、

景気の先行きに対する見通しが改善、買いが続きました。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は大きな材料のない中、前日の終値を挟んでの

スタートとなりました。+1円でスタート、しばらく持ちあった後、

好調な発表が続く米国企業の業績を背景に続伸する米国市場、

原油先物も上昇したことに加えて、

米大統領選候補者による第3次テレビ討論会が

異変なく終わったことが伝わると、投資家心理はリスクオンに傾きました。

 

一部機関による積極的な買いではなく、

10月に入って初めて売買代金が2兆円を突破する商いを伴いながら、

銘柄の73%が上昇する、幅広い買いが続きました。

 

日経は終わる瞬間まで買いが続き、本日の高値で引けました。

長らく続いた持ち合い相場を抜け出して、

大きく動き出す準備が整ってきました。

この部分はテクニカル分析で詳しく説明します。

 

内部要因として、企業業績の好調ぶりが続くと

年末に向けての上昇モードは継続する可能性が高くなります。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆825億円、

10月に入ってから初めての2兆円のせです。

売買高は18億5108万株、東証1部の値上がり銘柄数は1446、

値下がりは414、変わらずは125銘柄でした。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は短い下ヒゲをもつ、大引け丸坊主を形成、

非常に強い上昇のエネルギーを示しています。

2月1日、4月25日、9月5日を結んでできる

上値抵抗線を一気に抜けてきて、17,000円台をいう節目も

突破してきました。

 

これで7月以降のボックス相場を上抜いた形になり、

投資家心理もリスクオンに変わりつつあります。

重なっている25日移動平均線と200日移動平均線に

75日移動平均線が接近で、大きな意味のある

ゴールデンクロスが迫ってきています。

このゴールデンクロスが実現して、一回調整に入っても

17,000円が抵抗から支持に変わることが確認できれば、

強い上昇トレンドへの転換を示してくれることになります。

 

昨日に引き続き、上下に短いヒゲを持つ陽線を形成しました。

日中は17,000円台突破することで、心理的な節目を一回抜けたという

ポジティブ材料をなげてくれました。

 

【日本市場の総合分析:今後の投資戦略】

半年ぶりの高値、特に本日は不動産関連銘柄に買いが集まりました。

週初から不動産銘柄に注目するように解説、

そのまま買いに入った方からは大きな利益につながっているとの

喜びの声も頂いています。

 

持ち合いのボックス相場はどちらかに離れた時に大きく動くので

ワクワクしましょうと伝えましたが、

今日でその動きになり始めています。

 

内需株が先導してあげましたが、

相場が動き出すと、大型・輸出関連にも万遍なく買いが進むので、

ポートフォリオの分散という意味でも

視線を変えて物色を始めるのもよいでしょう。

 

市場の活性化とともに活発になる証券銘柄、

デンソーを始めとする輸出関連は注目してみるのがいいでしょう。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):17,235.50    +236.59     +1.39%

NYダウ(ドル):18,202.62   +40.68      +0.22%

ドル(円):  103.68-69    +0.16円安    +0.15%

ユーロ(円): 113.67-71    -0.11円高    -0.09%