TOPICS

2016/11/02

2016年11月02日の日経概況

2016年11月02日の東京株式市場は大きく反落しました。

終値は307円72銭(1.76%)安の1万7134円68銭でした。

3ヶ月ぶりの下げ幅で大きく下げましたが、安値では節目を

割るレベルまで下げましたが、まだ17,000円台はキープしています。

結果がほぼ固まりつつあった米国の大統領選挙で

大きな材料が出たことで、米国市場が下落、

世界の金融市場にも不安が広がりました。

不透明さが増す市場、本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は4日続落しました。

ダウ工業株30種平均は小幅に4日続落して、

前営業日比105ドル32セント(0.6%)安の1万8037ドル10セント、

ナスダック総合株価指数は6日続落して

前営業日比35.558ポイント(0.7%)低い5153.577で取引を終えました。

 

クリントン氏のメールスキャンダルが再び材料になったのは

先週ですが、その影響が直接出て、世論調査でいよいよ

トランプ氏が逆転したと伝わりました。

その影響でリスクオンの姿勢に一気に水をさす形になり、

不透明な状況に突入しました。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は、米国市場に戸惑いが広がる中、

安全資産と分類される円への買いが増すことで、円高が進行、

105円付近から一気に103円台に入ることで、

市場全体を押し込みました。

 

朝から下の方に窓をあけてスタート、戻す動きはほとんど見られなく

小さいヒゲを形成しながら、下の方に進みました。

後場に入るって、節目の17,000円台に近づきましたが、

80円を残して、引き返し、節目は守りながら引き返しました。

 

クリントン氏勝利に固まりつつあって上昇してきた市場に

動揺は大きく、全面安の動きになりました。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆2079億円、

売買高は20億5634万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数が1768と全体の9割、

まぎれもない全面安の様子です。

値上がりは173、変わらずは45銘柄でした。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上下ヒゲを持つ陽線を形成しました。

前日の終値から下の方に離れて始値が形成、

若干戻した後は、下げ続けました。

10/19より支えになったボリンジャーバンドの1σが崩れ、

節目の17,000円と25日移動平均線を目前にしています。

 

節目の17,000円を割り込むとしばらくは調整に入ります。

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

市場に波乱要素が投げつけられましたね。

たまに質問をいただくことは

「トランプ氏が大統領になることは悪いですか?だから株価が下がるのですか?」

 

結論がから言うと、

トランプ氏が大統領になることが悪いということではありません。

不確実性が高まる、つまりリスクが高まるということだけです。

 

トランプ氏の場合は、ここまで一貫性のない言動を繰り返すことで、

主任後の方向性も見えないことから、リスクが高まるということだけです。

(オバマ大統領の後任として、

ラジオDJの前で「女性をみたらすぐキスに行くぜ」のような発言をする人が

大統領になっていいのかという疑問を持つだけで、

個人的な感情は全くありません)

 

明日は市場が休みで、FOMCの結果は休み明けに反映されますが、

FOMCと雇用統計で円安に振れる内容が出ないと、

日経はしばらくの調整を余儀なくされるとみられます。

 

全面安の状態で、大統領戦のスキャンダルは

結果がでるまで続くと思うので、

利益確定、ロスカットされた分はキャッシュでキープして

不安定期を過ごしてから、取り込むのがよいでしょう。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):17,134.68     -307.72     -1.76%

NYダウ(ドル):18,037.10    -105.32     -0.58%

ドル(円):  103.65-66     -1.28円高    -1.21%

ユーロ(円): 114.88-92     -0.38円高    -0.32%