TOPICS

2016/11/17

2016年11月17日の日経概況

2016年11月17日の東京株式市場はわずかに続伸しました。

終値は42銭(0.00%)高の1万7862円63銭でした。

米国市場の反落と為替市場の円安基調が一服したことで、

売りが先行して始まり、下落で終わると予想されましたが、

強いトレンドが発生している特徴を発揮しながら、

プラス圏に浮上して終わりました。

今後の投資戦略も含めて本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は8日ぶりの反落と続伸になりました。

ダウ工業株30種平均は8日ぶりに反落して、

前営業日比54ドル92セント(0.3%)安の1万8868ドル14セント、

ナスダック総合株価指数は続伸して

前営業日比18.963ポイント(0.4%)高の5294.584で取引を終えました。

 

日本市場同様、短期の利益を確定して、

割安に放置された業種に資金を一時シフトする動きになりました。

トランプ政策の恩恵を期待した金融・インフラ関連は

ダウ工業株30種平均が史上最高値を4日連続で更新するのに

大きく貢献しましたが、いよいよ利益を確定する動きで下落しました。

一方、割安感の出てきたIT関連株に資金がシフトすることで

ナスダック総合指数は続伸しました。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は18,000円台を達成する勢いで伸ばしてきましたが、

米国市場の一服感を受けて、利益確定の売りが先行して

スタートしました。

 

為替市場でも連日の円安基調が一服、

108円前半まで円高が進んだことも

輸出関連銘柄を中心に売りが進む要因になりました。

 

直近の動きはトレンドが強く発生した時の典型的なパターンで、

上昇する時は勢いよく、利益確定が出る時は小幅に出て、

売りが一巡すると再び買いが入る動きが続いています。

 

本日も大きく下値を売り込んでくる動きは見られず、

下げ幅は限定的でした。下げが一巡すると早速買いが入ることで、

引けにかけてはプラス圏に浮上して本日の取引を終えました。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆4285億円、

売買高は23億7012万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1069、

値下がりは772、変わらずは144銘柄でした。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は空をあけて始まりましたが、戻ってきて

前日の終値付近でひける陽線を形成しました。

利益確定は出たもののまだ強い勢いがあることを表します。

 

ただ、ここから明確に高値を抜かずに横ばいになると

しばらく持ち合うことも考えられます。

持っている銘柄には利益確定のサインが出るのも

見え始めたので、ここからは利益確定の注文を忘れないように

しっかり管理していくことが大事です。

 

ボリンジャーバンドは相変わらずすべて上向き、バンド幅は拡散、

ローソクが2σを飛び出すスプラッシュ状態で、

終値ではまだ2σの外にいるのでスプラッシュ継続になりました。

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

利益確定の動きで下げることも考えられましたが、

最後になってしっかり買い支えが入ってプラス圏で終わりました。

本文の中でも説明した通り、強いトレンドがある時の動きです。

 

割安で放置されていた業種への物色が出ていると

解説した通り、本日はより堅調に物色が進みました。

 

上昇率を見ると、トランプ相場で大きく売られていた

食料品(3位)などの内需関連銘柄が占めています。

ここから予想される動きは2つ。

 

外部・内部ともに支援材料を持って上げてきた分、

業種別の明暗ははっきりしていた状況、

これからも環境がサポートしてくれる場合は、

割安銘柄がなくなるまで幅広く買われていきます。

 

または、環境に変化が現れる場合は、

利益確定をした資金を持って、元々の業種に戻る可能性もあります。

いずれにしろ、調整に入った場合

短くトレンド転換をしてきた場合は、業種の動きをチェックした上で

積極性を発揮しましょう。

 

■各市場の動き

 

日経平均(円):17,862.63     +0.42      +0.00%

NYダウ(ドル):18,868.14     -54.92     -0.29%

ドル(円):  109.21     -22-0.21円高    -0.19%

ユーロ(円): 117.12-     16-0.02円高    -0.01%