TOPICS

2016/12/08

2016年12月8日の日経概況

【市場総括】

2016年12月8日の東京株式市場は3日続伸しました。

終値は268円78銭(1.45%)高の1万8765円47銭でした。

高値で引けて、年初来高値を更新しました。

米国市場が連日の上昇で史上最高値圏で維持することから

投資家心理は紛れも無く強気のリスクオン状態です。

今週の強い動きから来週のFOMCに備えて、

また週末要因が入っている明日は一旦熱を冷ます

動きにもなりやすいので、注意が必要です。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は続伸しました。

ダウ工業株30種平均は3日続伸して、

前営業日比297ドル84セント(1.5%)高の1万9549ドル62セント、

ナスダック総合株価指数は4日続伸して

前営業日比60.761ポイント(1.1%)高の5393.762で取引を終えました。

 

ダウ工業株30種平均は3日連続の最高値更新です。

高値が警戒され、利益確定の売りが先行しましたが、

トランプ相場に対する期待が強く、

まともに押し目を作ることもなく、買いに転換してそのまま上昇しました。

 

来週はFOMCがひかえていることで、

過熱感に対するクールダウンの動きは出るタイミングに来ているので、

保持している銘柄に対してはしっかり利益を確保する

注文の設定を忘れないよういしましょう。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は為替相場が横ばいの状態で推移するなど、

大きな材料にはならない中、前日のソフトバンクに続いて

東電HDがストップ高になる好材料が出たことで

投資家心理を刺激ました。

 

外資系5社の注文動向は12月に入っての6営業日中、3日が買い越し

買い越しの際は大きく越していることで、

外国人の資金が順調に流れ込んでいます。

 

利益確定で上げ幅を縮小する場面もありましたが、

東電HDの動きに刺激され、電力系の多くの銘柄が大きく上昇

スプラッシュを発生させたことで、市場は順調に上昇、

本日の高値で引けました。

 

 

好調な動きが続く中、材料としても明るいものが加わり、

投資家心理が大きく改善しています。

ソフトバンクの孫正義社長は米国トランプ次期米大統領との会談で、

米国への5兆7,000億円に及ぶ巨額投資を明らかにしたことで、

ソフトバンクが大幅高、1銘柄だけで日経平均を49円押し上げました。

 

為替市場では113円台だった前日の動きから円安に振れ

114円で推移、輸出関連・大型株など幅広い業種に

買いが広がりました。

当分強い動きは継続するとみられ、持たざるリスクが強く意識される局面です。

これに基づく投資戦略は今後の投資戦略で詳しくみていきましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で3兆3930億円で、

3兆円を超える大商いになりました。

売買高は28億1860万株、東証1部の値上がり銘柄数は1414で、

全体の7割以上が上昇しました。

値下がりは485、変わらずは93銘柄でした。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経平均の日足は、下ヒゲを伴う陽線を形成しました。

6日ぶりに陽線を形成した前日に続き、2日連続の陽線です。

前日に上昇継続の判断を下し、本日も続いています。

 

大きく空をあけて、そのまま上昇した方向で終わり、

下ひげまでついていることから、買いの勢いは強いことがわかります。

空をあけるといつも「アイランドリバーサル」が懸念されましたが、

11 月に入ってからはすべてさらに空を開けて上昇する動きになりました。

 

明確な反転の動きになるまでは

保持銘柄は継続して保持、利益確定の注文を引き上げながら

利益幅を伸ばしていくタイミングです。

 

【日本市場の総合分析:今後の投資戦略】

政府が無利子融資枠を拡大すると伝わった東電HDはストップ高まで

買いが進みました。

成る年は何をしても育つように、

トレンドが強く投資家心理も強い時は好材料も連続して出るものです。

 

しかし、今までの市場は熱狂に近い状態になるほど

ちょっとしたきっかけでその熱気が冷めることをみせてくれました。

とはいい、明日からすぐ下がるということを言っているわけではありません。

 

過熱しているからこそ、落ち着いて慎重に利益を固める動きを

毎日繰り返していく必要があります。

 

来週のFOMC、明日は週末をひかえての利益確定が出るタイミング、

米国市場も史上最高値圏を維持など、

調整に入る材料は揃っていますが、

それでもこれを抜けて上昇に入るなら過熱の動きはしばらく続くでしょう。

 

明日は来週と今後、年末までの動きを決める上で

重要な1日になります。

明日の「投資戦略」で詳しく触れることにします。

 

前日は「明日の動きによっては景気敏感株の鉄鋼がさらに

飛ばしていくことも考えられるので、こちらも引き続き継続して観察してください。」と

解説しました。

本日も2日に取り上げた鉄鋼関連銘柄が値を飛ばしているので、

継続しての観察とフォローが望ましいです。

 

【各市場の動き】

 

日経平均(円):18,765.47     +268.78     +1.45%

NYダウ(ドル):19,549.62    +297.84      +1.54%

ドル(円):  113.66     -67-0.67円高    -0.58%

ユーロ(円): 122.33-37   -0.15円高      -0.12%