TOPICS

2016/12/12

2016年12月12日の日経概況

2016年12月12日の東京株式市場は5日続伸しました。

終値は158円66銭(0.84%)高の1万9155円03銭でした。

連日で年初来高値を更新したあと、19,000円台に

ついにのせて来ました。

米国市場が連日で最高値を更新する動きを受けて、

投資家心理が強気に傾いた動きが続き、

為替市場では円安に触れたことも市場を後押ししました。

今後の投資戦略を含めて、

本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は5日続伸しました。

ダウ工業株30種平均は5日続伸して、

前営業日比142ドル04セント(0.7%)高の1万9756ドル85セント、

ナスダック総合株価指数は6日続伸して

前営業日比27.142ポイント(0.5%)高の5444.498で取引を終えました。

 

ダウ工業株30種平均は5日連続の最高値更新、

ナスダック総合株価指数も連日の最高値更新です。

トランプ相場の始まりは金融関連、インフラ関連でしたが、

もたざるを意識した資金が出遅れ感の強かった

内需(生活関連)銘柄に向かいました。

 

13-14のFOMCと週末を控えて、

高値圏では利益確定がでると予想しましたが、

当日の高値圏で取引を終え、強気相場は続きました。

今週もこの動きを逆転させるような材料は見当たらないことで

高値圏で推移する動きが予想されます。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は最高値を連日更新する米国市場の動きを背景に、

買いが先行してスタートしました。

SGX(シンガポール)の日経平均先物が190円高の1万9180円で寄り付き、

さや寄せする値で始値は前週末比187円45銭高の1万9183円82銭、

1万9,000円台に安着する印象を与えながらスタートしました。

 

115円まで進んだ円安の動きを背景に

無難に上げ幅を200円以上まで伸ばしました。

 

後場寄り付いた後は、利益を確定する動きや

高値圏を警戒する心理から伸び悩みましたが、

2015年12月30日の高値を超えて本日の取引を終えました。

 

東証1部の売買代金は概算で3兆3144億円、

売買高は29億5550万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1119、

値下がりは773、変わらずは105銘柄でした。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経平均の日足は、上下ヒゲを伴う陰線を形成しました。

12/7のトレンド転換から始まった窓開けは3連続に到達し、

さすがの過熱感は上値を抑えました。

 

酒田五法に「三空は売り」という有名な言葉がありますが、

多くの投資家はこの動きを気にするはずです。

少しでも反転して空があけた反対方向に下落すると、

利益幅の減少を恐れた投資家たちの売りが売りを呼び、

大きな陰線の出現、しばらく調整、というのがよくあるバターンです。

 

とは言って、パソコンモニタにしがみついていても何も変わりませんので、

空があけて下落しても確実に売れるように逆指値、

成行の売り注文を設定しておきましょう。

 

この過熱が継続する場合は、もちろん継続保持です。

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

強気の相場が続いていますね。

米国市場の動きと同じような動きが見られています。

業種別の動きをみると、

ここまで急伸していた銀行など金融関連が失速、

割安として放置されていた食料品、水産などが

上昇率の1,2位を占めるなど、

投資資金がシフトしているのがわかります。

 

食料品などの内需株の方に資金を回すのが一つの戦略、

もう一つは、循環物色が終わると、急落が出てくる場面でもあるので、

警戒を強める必要があるとのことです。

 

せっかく伸ばしてきた利益なので、

さらに売りの注文を厳しく設定して、利益確定の取り逃がしがないようにしましょう。

 

明日からの注目はFOMCと

発表が予定されている経済指標です。

 

【各市場の動き】

 

日経平均(円): 19,155.03   +158.66     +0.84%

NYダウ(ドル):19,756.85   +142.04     +0.72%

ドル(円):  115.47-48    +1.04円安    +0.90%

ユーロ(円): 121.89-93    +0.36円安    +0.29%