TOPICS

2016/12/15

2016年12月15日の日経概況

2016年12月15日の東京株式市場は小幅ではありますが8日続伸しました。

終値は20円18銭(0.10%)高の1万9273円79銭でした。

市場の注目を集めていた、FOMCの結果、利上げのスピードが

早まるとの観測から急速な円安が進み、

株式市場にも買いが波及しました。

6日連続の年初来高値更新になっただけに

高値圏では売りが出ることで上げ幅は限定的でした。

過熱感が懸念されながらも上昇を続ける日経、

ここからの戦略を含め、本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は8日ぶりに反落しました。

ダウ工業株30種平均は8日ぶりに反落して、

前営業日比118ドル68セント(0.6%)安の1万9792ドル53セント、

ナスダック総合株価指数も反落して 、

前営業日比27.156ポイント(0.5%)安の5436.672で取引を終えました。

 

市場の関心を集めていたFOMCの結果、

1年ぶりとなる利上げが決定、

さらに利上げのスピードが早まるとの観測が広がることで、

株式市場には売りが広がりました。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は米国の利上げが決まった上に、

そのスピードが2017年3回と、早まる観測で

円売りが加速、急激に円安が進み、買いが先行しました。

 

円安の恩恵を受ける自動車など輸出関連に買いが進み、

上昇幅は180円に達しましたが、

市場の材料となるFOMCを通過して、

材料出尽くしとの心理が広がると同時に

高値圏での警戒感も出ることで下げに転じる場面もありました。

 

午後に入っては積極的な売りが入りにくいこと、

押し目を拾う動きで、売りが一巡に

値を戻して20円プラスで本日の取引を終えました。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆8103億円、

売買高は23億2463万株でした。

東証1部の値上がり銘柄数は1115、

値下がりは745、変わらずは138銘柄でした。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経平均の日足は、上下にヒゲを持つ小陰線を形成しました。

ボリンジャーバンドのバンド幅が広がった状態で

+2σも上向き継続なので、上昇トレンド継続なのは

間違いありませんが、過熱感は十分出ている上昇です。

 

25日移動平均を基準にした騰落レシオが165%と

非常に高い過熱感を示しているので、

いつ反落してもおかしくない状況です。

警戒は必要ですが、今夜のニューヨークが極端な下げにならない限りは

このトレンドをストップさせることはないと見られます。

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

117円に進んだ円安を背景に、自動車・輸出関連のみならず

インバウントの恩恵を受けやすい銘柄にも買いが集まりました。

ラオックスや百貨店系など、外国人のショッピングが大きな割合を占める

銘柄は商いが活発になりました。

 

利上げが早まるとの観測から米国市場に売りが入りましたが、

そもそも連日の高値更新など、高値警戒感が広がっていたことで、

調整に入る準備は整っていた状況です。

 

注目は今夜の動きです。

ドル高円安・株安が一時的な要因で終わるか、

それ以外の場合は円安基調がさらに進む可能性もあり、

上げ幅を広げる動きに戻ることも考えられます。

 

明日は週末という要因に、

外国人投資家がそろそろポジションを整理して

クリスマス休暇に入る時期でもあるので、

目先の利益を確定する売りが入りやすいタイミングです。

 

しかし、売りが進んで安値を切り下げていく動きも想定しづらいので、

少しの動きには慌てずに対処していきましょう。

 

【各市場の動き】

 

日経平均(円):19,273.79     +20.18      +0.10%

NYダウ(ドル):19,792.53    -118.68      -0.59%

ドル(円):   118.40-41    +3.42円安     +2.97%

ユーロ(円):123.57-61     +1.13円安     +0.92%