TOPICS

2016/12/20

2016年12月19日の日経概況

【市場総括】

2016年12月19日の東京株式市場は10日ぶりに小幅反落しました。

終値は9円55銭(0.05%)安い1万9391円60銭でした。

先週末解説した通り、連続する上昇で過熱感が意識される中、

本日は売りが先行して始まりました。

午後に入ると売りが一巡、再び押し目買いが入ることで、

下げ幅は縮小されましたが、

商いが急速に縮まると同時に、反落で終わったことから

調整入りへの兆しが出ています。

今後の投資戦略を含めて、本日も最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は小幅に反落しました。

ダウ工業株30種平均は小幅に反落して、

前営業日比8ドル83セント(0.0%)安の1万9843ドル41セント、

ナスダック総合株価指数も反落して 、

前営業日比19.693ポイント(0.4%)安の5437.162で取引を終えました。

 

先高感の強さから買いが先行して始まり、

70ドルの上昇幅を見せる場面もありましたが、

最高値圏で維持する値動きに対する警戒感から、

後半になると利益確定の売りに押されました。

 

次の上昇を準備するための動きとみることができるので、

そこまで焦る必要はない動きだと想定します。

ただし、ダウの先物を取引されている方には急落による

利益の目減りに注意して頂きたいタイミングです。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は週末の米国市場が小幅の反落で

方向感のつかめない動きになったことや、

為替市場の動きも持ち合いの動きを示したことで、

売りが先行して始まりました。

 

下げ幅の拡大は大きくならず、リスクオンになっている

投資家の心理を反映して、午後になると次第に下げ幅を縮小させました。

先週末までの動きのパターンから考えると

午後になってマイナス分を取り戻し、プラスにまで浮上しますが、

いよいよ一服感が出てきたような動きです。

 

その要因については投資戦略のところで考察してみましょう。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆1437億円、

売買高は17億3743万株、東証1部の値下がり銘柄数は1022、

値上がりは856、変わらずは121銘柄した。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経平均の日足は、上下に短いヒゲを持つ小陽線を形成しました。

微妙な持ち合いになりそうな動きです。

10日ぶりの反落でも陽線引けで、強含みの展開なので、

悲観的になる要素は強くありません。

 

しかし、当面の材料出尽くしと、年末相場に入ったことで

商いは細くなるのが必至なので、

上値の重い展開になるのは容易で想像がつきます。

 

上値は節目の19,500が意識され、

下値では3連続空を開ける際のスタート時点になる

19,040円付近が意識されると分析できます。

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

日本市場は弱い動きになりそうですが、

下値では支えられる動きが続いています。

個別の銘柄が物色されると伝えた先週の解説のように

今回の上昇トレンドの中で上げを主導してきた銀行業などには

売りが広がる中でも一部銘柄は以前強い動きが残っています。

 

一方、先週物色されては売られ、また物色されるなどの

動きを続けている食料品、小売など内需型の銘柄には

本日も物色が向かいました。

 

基本的なスタンスは変わりがなく、個別銘柄を物色すると同時に

新たに仕掛けても強い動きになる期間は短くなっているので、

保持している銘柄の利益確保を優先していきたいところです。

 

先週戦略銘柄で紹介した電気・機械業種にも

早くも利益確定の動きが出ているので、取り逃がしの内容に

しっかり設定して利益を確保するようにしてください。

 

【各市場の動き】

 

日経平均(円):19,391.60     -9.55     -0.05%

NYダウ(ドル):19,843.41    -8.83     -0.04%

ドル(円):   117.29-30    -0.91円高   -0.76%

ユーロ(円):  122.40-44    -1.12円高   -0.90%