TOPICS

2016/12/27

2016年12月27日の日経概況

2016年12月27日の東京株式市場は4日ぶりに小幅反発しました。

終値は6円42銭(0.03%)高の1万9403円06銭でした。

東証1部の売買代金が前日に続き2兆円割れで

参加者自体が少ない中、3日連続さげてきたこともあり

押し目を拾う動きが先行しましたが、

上値を追うには材料不足であることが否めません。

受け渡しベースでは今年最終日になり、

明日からは実質的な新年度相場入り、明日からの動きが注目されます。

本日まで最後までしっかりお読みください。

 

【米国市場の動向】

26日の米国はクリスマスの祝日の振り替えのため、

全市場が休場でした。

 

今週のニューヨーク市場も小幅な動きが予想されます。

クリスマスを命のように大事にする海外の投資家が

市場からいなくなり、上値を追う材料には不足ですが、

下値も限定的な動きが続くと予想しています。

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は材料が不足する中でも、

安値を大きく割らずに堅調な動きが続いています。

26日の米国市場が休みで、なおさら基準にするような

値動きはありませんでした。

 

方向感のない相場の動きを踏襲、個人投資家は

材料のある銘柄を物色する動きに終始しています。

3日続落後ということもあって、

押し目を拾う動きも加わり、上げ幅は80円を超える場面もありましたが、

短期筋が多く残っていることで早速利益を確定する動きになり、

上げ幅は6円まで縮小して本日の取引を終えました。

 

東証1部の売買代金は概算で1兆8354億円、

10月末以来、2カ月ぶりの低水準を記録した前日よりは

増えましたが、やはり2兆円割れが2日続きました。

 

東証1部の売買高は17億4965万株、

東証1部の値上がり銘柄数は781、値下がりが1076で、

値下がりの方が多い逆の相場になりました。

変わらずは149銘柄でした。

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経平均の日足は長い上ヒゲを持つ小陽線を形成、

形では前日のローソクを包み込む持ち合いになりました。

12/22の安値を割り込んで下に行くと、しばらくの調整入りと

判断することもできますが、下値が中々固いのが印象的です。

 

一目均衡表では三役好転が続いていいますが、

12/07以来、ほぼ3週間ぶりに転換線にローソク足が

触れてきました。

12月初旬の動きを見ればわかるように、トレンドが強い時は

転換線に触れてから再び跳ね上がる動きになりやすいですが、

今回もその動きになるかが注目するポイントです。

 

その動きになるには上昇の材料不足と商いの不足が

ネックになっています。

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

日本市場は早速のトレンド転換、上昇継続を期待させる

上昇場面をみせましたが、上値が重いという印象を残して

小幅上昇で引けました。

 

市場をリードしているのは、「材料物色」の「短期筋」。

年末までは空中戦が続く可能背があります。

 

注目ポイントは、明日からの実質新年度相場で

米国市場が連休明けでどのように動くかが影響しそうですね。

価格の水準は年内の2万円突破もささやかれましたが、

上値が重い展開から、むしろ下値が固く支えてくれるかを

年末までは確認したいと思います。

 

米国市場も2万ドルを目前にして、年内に突破することになると

日本市場にも追い風が吹くでしょう。

業種別では銀行業に買いが集まり、

来年の動きに期待する資金が集まっていることがわかります。

ただし、地方銀行よりはメインバンクの方が値を伸ばしているので、

時価総額の大きい銘柄を中心に物色をしてみるのが

いいのではないでしょうか。

 

【各市場の動き】

 

日経平均(円):19,403.06     +6.42     +0.03%

NYダウ(ドル):19,933.81    +14.93     +0.07%

ドル(円):  117.24-25    +0.10円安   +0.08%

ユーロ(円): 122.52-56    -0.01円高    -0.00%