TOPICS

2017/01/06

2017年1月6日の日経概況

2017年1月6日の東京株式市場は続落しました。

終値は66円36銭(0.34%)安の1万9454円33銭でした。

下げ材料が揃った1日でした。

トランプ氏のつぶやき一言でトヨタ株は翻弄され、

為替相場の円高基調が追い打ちをかけました。

本日の夜に予定されている雇用統計の発表は

積極的な動きをさらに取りにくくをさせました。

2017年の第1週、本日も最後までしっかりお読みください。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は反落しました。

ダウ工業株30種平均は反落して、

前営業日比42ドル87セント(0.2%)安の1万9899ドル29セント、

ナスダック総合株価指数は続伸して 、

前営業日比10.930ポイント(0.2%)高の5487.935で取引を終えました。

 

指数間の差をみればわかるように、

日本市場同様、銘柄に対する選別が進んでいます。

長期金利の低下を材料に収益への影響が懸念される

金融関連銘柄には売りが膨らみました。

 

一方、前日に引き続き出遅れと認識されている

セクターへの物色は続き、

アマゾン・ドット・コム、フェイスブックなどのネット関連株が

値を伸ばしました。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

日本市場は今年予想される動きが初めて現れた1日でした。

米国市場の下落に加えて、為替市場では円高が進みました。

これだけでも十分な下げ材料になりますが、

トランプ氏の言動が市場を揺るがしました。

 

トヨタのメキシコ新工場建設に対して「あり得ない」と

大統領とは思えないつぶやきを残し

「トランプリスク」が意識されたトヨタと関連株には売りが膨らみました。

 

1.7%の下げで、市場全体では160円を超える下げ幅もみられましたが、

引けにかけて下げ幅を縮小させ、

下値が堅い印象を残したまま今週の取引を終えました。

 

積極性に欠ける動きが商いに現れ、

東証1部の売買代金は概算で2兆3537億円、

売買高は18億6189万株の低調ぶり。

東証1部の値下がり銘柄数は864、値上がりは1008、

変わらずは132銘柄でした。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は下ヒゲを持つ小陰線を形成しました。

前日の終値から下放れして始まり、

そのまま下がることはなく、終値では戻して終わりました。

 

しかし、前日の終値までは戻らず、窓を開けて引けました。

1月4日の大陽線から考えるとこの2日は持ち合いと見ることができます。

 

現在は5日移動平均線が支えになっており、

ここからさらに調整をするなら25日移動平均線で止まって、

反発するかが次の確認ポイントになります。

 

今年初めての週足は高値と安値を切り上げる

上昇の形になりました。

2016年12月16日の週から考えると2万円を目の前にして

高値圏で持ち合っています。

来週は多くの材料が備えていることから、

乱高下が予想されますが、それをこなしながら、

2万円を目指す動きは再来週以降に期待します。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析:来週の展望と 今後の投資戦略】

 

2016年末の来年の展望という講演では、

「2017年を通じて上昇基調を継続する流れは変わりませんが、

トランプ氏の先の読めない言動で乱高下を挟むという事は考えられる。

よって上半期は乱高下が何回も現れることは容易に予想できる」

と解説しました。

 

本日はその動きが現在化する1日目のような日でした。

トヨタ自動車、デンソーなど、関連銘柄にはおりが広がりました。

しかし円高傾向まで考慮に入れると

上向きのトレンドが崩れたとは 考える必要のない動きです。

むしろよく守ったと褒めたくなる日経の強さです。

 

来週の動きを考える上で波乱要因になることは

米国と中国の動き。

雇用統計の結果は連休明けに反映されることで、

上向きの米国景気を考えると、

市場を驚天させるような結果はなりにくいと考えられます。

 

残りは中国の動きで、人民元が荒い動きとなっていて、

ビットコインを暴落させる要因になりました。

ビットコインだけでなく、来週は中国絡みの経済指標が多く、

12月消費者物価・生産者物価、12月貿易収支など

市場に影響を与える主要指標も待ち構えています。

 

日本も12月消費者態度指数、12月景気ウォッチャー調査など

景気を敏感に反映する指標が多くなっていることから

波乱含みの動きが予想されます。

 

しかし、下値も硬いと予想されるので、

19,500-19,700円を囲んだレンジ相場になる可能性が高いでしょう。

騰落数からみると以前、中小型に資金が集まっているので、

当分はマザーズを中心とする小型株に投資の旨味が残っています。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【週末の挨拶】

2017年の第1週もあっという間に終わりました。

1/4の大幅な上昇以降は持ち合いになっていますが、

まだ上昇トレンドは強く、来週からの動きには期待したいですね。

 

新年に入って今年こそ投資の勉強をかんばって

経済的自由、時間的自由を手に入れるという決心を

多くの方からメールでいただきました。

 

1週間経ちましたがいかがですか?

三日坊主でもいいです。

三日坊主を120回繰り返すと360日になります。

三日坊主になったなら週末にリセットして、リラックスした後は

来週から2回目の三日坊主を始めましょう。

よい週末を!

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

 

日経平均(円):19,454.33     -66.36     -0.34%

NYダウ(ドル):19,899.29     -42.87     -0.21%

ドル(円):  115.99-00     +0.05円安    +0.04%

ユーロ(円):  122.85-89    +0.44円安    +0.35%