TOPICS

2017/03/03

2017年3月3日の日経概況

2017年3月3日の東京株式市場は反落しました。
終値は95円63銭(0.49%)安の1万9469円17銭でした。
前日の大幅な上昇で早くも利益確定を急ぐ動きが出た他、
為替市場ではやや円高に振れたことが
市場を押し下げました。
イベントを通過して一気に19,500円を超えたという
達成感からくる動きなので慌てる必要はなく、
来週はそのまま落ち着いて対応していきます。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
前営業日の米国市場は反落しました。
ダウ工業株30種平均は反落して、
前営業日比112ドル58セント(0.5%)安の2万1002ドル97セント、
ナスダック総合株価指数も反落して、
前営業日比42.807ポイント(0.7%)安の5861.222で取引を終えました。

最高値を更新する前日の大幅な上昇から
早速利益を確定する動きに押されました。
本社を含む3施設に税務調査が入ると報じられた
キャタピラーが急落し、指数を押し下げた上に、
イエレン議長の講演でで様子見をする雰囲気も加わりました。

失望を呼ぶような動きではないので、しっかりした動きを
来週も期待したいところです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
日本の市場は米国市場が調整に入ったことに加えて、
114円台から円高に振れたことを反映して、売りが先行して始まりました。
前日の反発で19,500円台を達成した気持ちも加わり、
下げ幅は170 円を超える場面もありましたが、
週末に控えているファンダメンタル要因を踏まえて、
下げ止まり、引けにかけて買い戻されました。

個別銘柄では2月の国内既存店売上高が好調だった
ファストリがポジティブな動きで2%強の上昇で相場を支えました。
一方、月次の受注が悪化したと伝わった大東建託が大幅安で
市場を押し下げる上に、イエレン議長の講演が明日に控えていることも
積極的な買いは進みづらい展開にさせました。

様子見ムードを反映して商いは前日より減少、
東証1部の売買代金は概算で2兆1856億円、
売買高は17億1745万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1256、
値上がりは617、変わらずは130銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】
日経の日足は上髭より長い下ひげを持つ陰線を形成しました。
前日は終値から大きく上放れしてスタートしてギャップを形成しましたが、
ローソクベースでは本日だけでギャップを埋めてしまいました。

前日の解説では「この高値をさらに抜けて上に行かないと、
近いうちに持ち合いの中に戻ってきてしまう「ダマシ」になります。」
と説明しました。
終値で19,500円を割り込んで終わっていますが、
まだ完全に持ち合いに戻ってきたとは判断できません。

来週明けに本日の安値を切り下げるなら
ダマシの形成、持ち合い継続になりますが、
テクニカル的に支えとして意識されるポイントは
ボリンジャーバンドの+1σ、そして25日移動平均線です。

週足では先週のローソクを包み込む持ち合いの陽線を形成
このまま上にも下にも行くことを決めかねている
迷いを表しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 来週の展望と今後の投資戦略】

波乱万丈まではいきませんが、今週もそれなりに派手な動きをしました。
週初の下落からトランプ氏の演説を好感した後半の動きで
節目の19,500円台回復、そして本日の反落で再び割り込むなど、
持ち合いの領域を明確に抜け出してはいません。

来週は堅調な動きで安値を切り下げにくい動きを想定しています。
まず、日本時間の3日に予定されているイエレンFRB議長の講演、
3月利上げが遠のいたとの見方から、
今週に入って要人発言の風向きが「ありかも」に変わり、
市場には戸惑いが生じています。

注目しているセクターは前日に引き続き
本日も堅調な動きを続ける保険業、
8630SOMPOホールディングスや
8725 MS&ADにはテクニカル的に見ても
高値抵抗を抜け出すチャレンジを続けているので
面白いタイミングにきています。

週末、イエレン議長の発言内容による為替の動きをにらみつつ、
こちらのセクターでさらに物色してみるのもよいでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【各市場の動き】

日経平均(円):19,469.17    -95.63     -0.49%
NYダウ(ドル):21,002.97   -112.58     -0.53%
ドル(円):  114.15-16   -0.03円高     -0.02%
ユーロ(円): 120.14-18    -0.20円高    -0.16%