TOPICS

2017/04/25

2017年4月25日の日経概況

2017年4月25日の東京株式市場は4日大きく続伸しました。
終値は203円45銭(1.08%)高の1万9079円33銭でした。
フランスの選挙結果を受けて、米国市場が大きく反発、
日本市場はその流れを引き継ぎました。
北朝鮮の動きが大きな波乱要因を起こさなかったことも
投資家心理を改善してくれました。
強気になるにはまだ早い気もする国際情勢の中、
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
前営業日の米国市場は大幅に反発しました。
ダウ工業株30種平均は大幅に反発して、
前営業日比216ドル13セント(1.1%)高の2万0763ドル89セント、
ナスダック総合株価指数も反発して、
前営業日比73.297ポイント(1.2%)高い5983.819で取引を終えました。

ナスダック総合株価指数は最高値更新、
ダウ工業株30種平均は今年2番目の上昇幅でした。
フランス大統領選で、マクロン元経済産業デジタル相がトップに立ったことで、
フレグジット(フランスがEUを離脱する)の可能性が低下したことを好感して、
投資家心理が改善しました。
本日の動きをみると、改善を超えて強気になっていることがわかります。

もう一つの支援材料はトランプ大統領、
26日に税制改革案を公表するとみられており、
企業親和的な内容が盛り込まれていることが期待されています。

しかし、安易に狼少年を信じてしまうことは
慎重になる必要があります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
24日のCME(シカゴ)日経先物は前週末比260円高の1万8870円で引け、
北朝鮮の動きを警戒した日本市場は小動きでスタート、
前日比3円32銭安の1万8872円56銭で寄り付きました。

北朝鮮の動きがないことが確認されると投資家心理は買いに転じ、
158円高の1万9034円で前引けを迎えました。
為替市場が110円台に入ったことを反映して輸出関連銘柄にも
買いが進み、上げ幅を拡大しましたが、
高値圏では利益確定の売りも出ることで、
上げ幅を縮小しながら本日の取引を終えました。

北朝鮮に動きがなかったということは本日だけのことで
まだ緊張要因が解消されたわけではありません。
国際情勢には敏感になっておく必要がありそうです。

東証1部の売買代金は概算で2兆3018億円、
売買高は19億4868万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1633、
値下がりは305、変わらずは78銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は短い上ヒゲを持つ中陽線を形成しました。
前日の高値と安値を明確に切り上げる上昇の形で、
上ヒゲも短く、上昇のエネルギーが強いことを示しています。
終値が19,000円を超えるのは3/30以来です。

早いスピードの4日で上昇してきたことで利益確定が出やすいタイミング、
テクニカル的に目印となる75日線に到達したこと、
ボリンジャーバンドの+1σが75日線と重なることなどを考慮すると、
翌日は一回休みを入れる動きになってもいいのではないでしょうか。

ここから反転すると、下げやすい形であることは間違いないので、
引き続き、警戒は必要です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

3円という動き幅は日本市場の心理をよく表しています。
何もないことが確認されるまでは全く動かず、
雰囲気が反転すると大量に買いに走りました。

円相場が1ドル110円台まで円安が進むことで
自動車株など、輸出関連銘柄に買い戻しが入り、
銀行、保険などの金融銘柄にも買いが広がりました。

しかし、ファンダメンタル分析でも触れているように
注目を集めていた本日の動きが波乱なしに終わったというだけで、
地政学リスクは実はなに一つ解決していません。

中国と米国が圧迫の水位を高める中、
それが抑止力として効果的に動き、収束していくかは
むしろこれからの注目要因です。

33業種の中で31業種が上昇することで、
どの業種にも買いを入れてよさそうですが、
銀行株に関しては長い期間下げてきたこともあり、
ここからの頑張りを期待して見守ってあげてもいいのではないでしょうか。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円):19,079.33     +203.45     +1.08%
NYダウ(ドル):20,763.89     +216.13     +1.05%
ドル(円):  110.08-09     +0.01円安   +0.00%
ユーロ(円): 119.54-58     +0.06円安   +0.05%

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは
TBLのホームページでご覧頂けます。

http://www.tbladvisory.com/topics/