TOPICS

2017/04/28

2017年4月28日の日経概況

2017年4月28日の東京株式市場は2日続落しました。
終値は55円13銭(0.29%)安の1万9196円74銭でした。
決算発表シーズンの特徴をそのまま出して、
材料の出た銘柄に対しては買いが進み、
それ以外は大型連休を前にしてポジションを整理する動きになりました。
節目となる19,000円台をキープしながら今週の取引は終わり、
来週は少ない営業日の中で一進一退が予想されます。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】
前営業日の米国市場は小幅に反発しました。
ダウ工業株30種平均は小幅反発して、
前営業日比6ドル24セント高の2万0981ドル33セント、
ナスダック総合株価指数も小幅反発して、
前営業日比23.711ポイント(0.4%)高の6048.937で取引を終えました。

決算発表のピークを迎えて、
市場予想通り、米国企業の業績は良好な結果になったことで
買い安心感が広がりました。

しかし、金利低下と原油市場の下落を受け、
金融銘柄、エネルギー関連が売られることで
上値は重く維持、持ち合いの領域を抜け出すことはできませんでした。

26日に発表されたトランプ政権の税制改革案に対しては
実現可能性の疑問が解消されないことから、
上値を抑える一つの要因にもなりました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
日本市場は典型的な「連休前相場」になりました。

27日のCME日経平均先物は、
前日比60円高の1万9235円で引けました。
一方、SGX日経平均先物は45円安の1万9235円で始まるで寄り付き、
日経は迷いの動きでスタート、前日比11円22銭安い
1万9240円65銭で始まりました。

前場を小幅の続落で引けた後は
午後も上値の重い動きに終始し、55円安で今週の取引を終えました。
最後にポジションを整理する動きがありましたが、
今週は堅調な動きになりました。

仏大統領選の結果と北朝鮮の地政学リスクが後退したことで
週前半は買われ、19,000円台を回復、
利益確定に押された週後半でも19,000円台をキープしながら引けました。

東証1部の売買代金は概算で2兆5460億円、
売買高は19億9653万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1236、
値上がりは697、変わらずは83銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上下ヒゲを持つ短陰線を形成しました。
形では高値と安値を切り下げる下落、
窓をあけて上昇した4/26の安値も切り下げました。

ポジティブサインは5日移動平均線がほぼ1ヶ月ぶりに75日線を超えたこと、
下げながらも19,000円をキープしたことです。
日足は3日連続で一目均衡表の雲中を維持、
持ち合いは早速、煮詰まってきた雰囲気です。

このような形では、下に抜けやすいなどの議論にはならず、
上か下、抜ける方向にトレンドが発生するとの見方をします。
少ない営業日の中、来週の注目ポイントは雲下(先行スパーン2)をキープするか、
下げが加速する場合は、25日移動平均線付近が下げの目処になるかです。

週足では2 週連続の陽線、今週は窓を形成しながら
26週線に支えられています。
週足で判断する来週の防御ポイントは
週足の安値18,840円を守るかです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

連休前の市場が終わりました。
今週は外部環境の改善を受けて堅調な動きになりましたが、
来週は営業日が2日しかないので、盛り上がりに欠ける展開になるでしょう。

そもそも市場の参加者が少ない中で、
連休の日本とは対照的に海外は主要なイベントが盛りだくさん、
連休明けの動きが読めない中で、一方的にポジションを傾けるのは難しいでしょう。

主要なイベントは為替を通じて日本株に影響を及ぼすものが多く予定されています。
1日は米国の4月ISM製造業景況指数、
弱い内容になる場合はファンダメンタルの不安要素になるでしょう。
2-3日はFOMC、5日は4月の雇用統計が続きます。

7日にフランス大統領選の決選投票、
マクロン氏の勝利が見込まれる中、国民戦線のルペン氏が
一定の得票を見せるなら、反移民・反EUには力になることから、
リスク意識は世界中に広がる懸念があります。

連休が開ける9日には北朝鮮との対立を抱えている韓国の大統領選、
北朝鮮への強硬論をあげる場合は、
地政学的リスクへの不安が広がる可能性があります。

来週は2営業日しかない中、前日も解説した通り、
新たな銘柄を仕込むよりは、
連休中の結果を見ながら連休あけの戦略を練るのが賢明な戦略でしょう。

週前半の1,2日を休みにして来週全体を休みにしている方とは
短い間、離れることですが、
リフレッシュして元気な体とマインドで戻ってください。
私は仕事に恵まれ、溜まっていた執筆や講演が続きます。
素敵な連休を過ごしてください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円):19,196.74    -55.13    -0.29%
NYダウ(ドル):20,981.33   +6.24     +0.02%
ドル(円):   111.33-34   +0.07円安   +0.06%
ユーロ(円): 121.26-30   -0.07円高   -0.05%