TOPICS

2017/06/07

2017年6月7日の日経概況

2017年6月7日の東京株式市場は反発しました。
終値は4円72銭(0.02%)高の1万9984円62銭でした。
米国市場の続落、円高基調の継続に加えて、
8日の注目イベントを前にして様子ムードの売りが先行しましたが、
午後に入ると円高が一服、押し目を拾う動きが広がりました。
引けにかけては円高局面で買いが進んだ業種への
利益確定を中心に売りが出て、上値は重くなりました。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は続落しました。
ダウ工業株30種平均は続落して、
前営業日比47ドル81セント(0.2%)安の2万1136ドル23セント、
ナスダック総合株価指数も続落して、
前営業日比20.626ポイント(0.3%)低い6275.058で取引を終えました。

米国市場では安全資産へのシフトが進んでいます。
8日のコミー前FBI長官の証言に備えて、
債権などの安全資産への資金移動が進み、
為替市場ではやはり安全資産の円への移動が鮮明で
円高基調が解消されません。

8日に主要イベントが3つも重なっていることで、
ポジションを一方的に傾けることは難しく、
その流れは日本の市場にも影響しています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
6月6日のCME日経平均先物は続落、2万円を割り込みました。
前日比215円安の1万9940円で引けました。
SGX日経平均先物も小幅に売りが先行、
20円安の1万9945円で始まりました。

日本市場は米国市場の下落、円高基調が続くことで
売りが先行して前日比28円22銭安い1万9951円68銭でスタートしました。
特段の買い材料はない中、世界市場同様
8日の主要イベントで様子見ムードが広がり下げ幅を拡大、
前日比63円05銭安の1万9916円85銭で前場を終えました。

午後に入ると円高が一服したことを材料に
押し目を拾う動きに転換、上昇に転じました。
円の下落で一時2万円を回復しましたが、
引けにかけては2万円が意識され、小幅上昇で本日の取引を終えました。

今年に入っていい動きを続けている半導体関連に資金が向かい、
三井ハイテク、Jディスプレ、 東芝など
材料の出た銘柄に物色が進みました。

円の動きに合わせて買われていた内需関連は
午後の円高一服を受け、利益確定に押されました。

東証1部の売買代金は概算で2兆3239億円、
売買高は17億1817万株でした。
東証1部の値上がり銘柄数は1150、
値下がりは693、変わらずは174銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上下ひげを持つ短い陽線を形成しました。
朝方やすく寄り付いた後、切り返して引けたことで陽線ですが、
高値と安値は切り下がる下落の形です。

安値ではちょうど一目均衡表の転換線に触れてから切り返し、
下落のめどとして考えていた6/1-6/2にあけた窓も埋めずに反転したので、
下げ止まりのように見えます。

ただ、上昇中でも転換線など、テクニカル的な節目を
下回ることはいつでも起こりうることで、
今回の目処として有効なのは25日移動平均線の方です。

5/30,5/31は25日線に触れてからトレンド転換しながら上昇トレンドに戻る
トレンド相場を形成しており、現在もそのトレンドは崩れていません。
このまま調整が続くと、再び25日線付近で切り返して
上昇トレンドに戻るかが注目ポイントです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

2万円を突破した時の解説を覚えている方は、
今回の2万円突破は、しっかりしたファンダメンタルに基づき、
日本市場内部の力で達成したことが
前回とは違うという話を思い出せるでしょう。

今週の動きは再び外部の材料に振り回される様子に
戻ったとみることができます。
日本国内は回復色の強い業績に裏打ちされていますが、
海外の要因で為替市場が錯乱、
円高の進行、円高一服、少し円安など
1日の中で何度も敏感に反応している様子が伺えます。

この動きは来週まで避けられそうにありません。
業績に裏打ちされた上昇要因が、世界の政局不安定によって
円高が進む要因による下落要因より小さい場合は、
当然、日本市場にはマイナスに働きます。

明日のコミー前長官の証言については各国のマスコミが
影響大、いやそうでもないでしょうなど、様々な意見を出していますが、
マスコミが注目するほどの「リスクイベント」であることは間違いありません。
日本国内では興味のないイベントと言っても、為替市場を通じて
日本市場に影響を及ぼすことは間違いないので、
ポジションは少な目にして、不安材料の払拭と共に
買いで入って行く資金はしっかりキープしておきましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円):19,984.62     +4.72     +0.02%
NYダウ(ドル):21,136.23    -47.81     -0.22%
ドル(円):  109.23-24     -0.39円高   -0.35%
ユーロ(円):  122.91-96    -0.40円高   -0.32%