TOPICS

2017/06/08

2017年6月8日の日経概況

2017年6月8日の東京株式市場は反落しました。
終値は75円36銭(0.38%)安の1万9909円26銭でした。
米国市場の反発で前日比高く推移する場面も見られましたが、
地政学リスクの拡大、本日の夜に控えているイベントへの警戒で、
売りが広がりました。
朝方発表されたGDPの改定値が下方修正されたのも
投資家心理を悪化させました。
世界の関心を集めたイベントがあっさりと終わる可能性も出てきた今は、
仕込みの時期ともいえます。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は反発しました。
ダウ工業株30種平均は反発して、
前営業日比37ドル46セント(0.2%)高の2万1173ドル69セント、
ナスダック総合株価指数も反発して、
前営業日比22.322ポイント(0.4%)高の6297.380で取引を終えました。

朝方は原油先物が1ヶ月ぶりの安値をつけ、
資源関連銘柄に売りが広がったことや
主要イベントに備えてのポジション外しで安く推移する流れでした。

証言の1日前、トミー前長官による議会証言の
冒頭部分の草稿が公開されましたが、
過去の報道の範囲で、目新しい材料はなかったという見方で
市場は買いに転じました。

反転はしたものの、テクニカル的にはまだ迷いの残り日足を形成、
明日の動きが注目されます。
日経も同じ状況ですが、詳しくは投資戦略で説明します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
6月7日のCME日経平均先物は小幅に反発、
前日比50円高の1万9990円で引けました。
SGX日経平均先物も買いが先行、
70円高の2万0010円で始まりました。

日本市場はSGXの上昇幅にさや寄せ、
前日比63円66銭高の2万0048円28銭でスタートしました。
前述した米国の政局リスク後退を受けると同時に
109円後半に進んだ円高一服が好感されました。

2万円台に近づくと、寄り付き前に発表された
1~3月期のGDP改定値が下方修正されたことが嫌気され、
売りが広がりました。

市場は2.5%程度の上方修正を見込んでいましたが、
住宅投資の前期比0.7%増から0.3%増への下方修正が手痛く、
不動産株に売りが出ました。

一進一退を繰り返しながら方考感の欠ける展開になった日経は
小幅高で前場を終え、午後に入るとさらに小幅の動きで、
75円安で本日の取引を終えました。

不動産業が下落率トップ、水産・農林業が上昇率トップで、
長期金利の上昇を受け、保険、銀行などの金融銘柄にも
売りが入りました。

東証1部の売買代金は概算で2兆5299億円、
売買高は19億8375万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は1198、
値上がりは698、変わらずは121銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上下短いひげを持つ陰線を形成しました。
5日移動平均線が前日に続いて上値抵抗線になり、
終値では一目均衡表の転換線に支えられました。

5日移動平均線と転換線の中に挟まれた迷いのサインで、
明日の動きが本日の安値を割って下がっていくと、
当分の調整が必要、逆に高値を上に抜けて行くと
前回の高値に挑戦する形になるので、明日の日足の方は重要なチェックポイントです。

ここから下がる場合、目処とする価格帯には変更がなく、
25日移動平均線のです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

2万円という意味が強いことから、今週はそれを挟んだ動きが続いています。
上半期のクライマクスとも言えるイベントが明日に迫っている中、
ポジションを傾けることは難しく、
ニュースに一進一退を繰り返すわかりにくい相場になりました。

本日のファンダメンタル要因による動きでは
一つ、不透明感が解消されました。
コミー氏の証言内容が先に公開され、
米国市場の反応は限定的であったことから
下にぶれる可能性は低いと見られますが、
実際の証言ではさらに強い語調での発言があるかが注目されます。

欧州の方に目を向けると、英国の総選挙、
2016年6月ブレグジットのような大きな動きにはなりませんが、
市場が動く間にその結果を反映することになるので、
選挙結果に基づくポンド・円→ドル・円→日本市場、
この順番での波及に注目することが求められます。

欧州関連銘柄には乱高下の動きも予想されるので、注意が必要で
変動幅によって無題ロスカットされないように
少し深めにロスカットを入れておくのが賢明でしょう。

投資戦略は前日同様、
ポジションは少な目にして、不安材料の払拭と共に
買いで入って行く資金はしっかりキープしておきましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円):19,909.26     -75.36    -0.38%
NYダウ(ドル):21,173.69    +37.46    +0.17%
ドル(円):   109.91-92    +0.62円安  +0.56%
ユーロ(円):  123.59-63    +0.60円安  +0.48%