TOPICS

2017/06/12

2017年6月12日の日経概況

2017年6月12日の東京株式市場は反落しました。
終値は104円68銭(0.52%)安の1万9908円58銭でした。
先週末、4日ぶりに2万円台を回復しましたが
本日は再び割り込んで終わりました。
騰落数だけでみると拮抗する数ですが、
米国市場でIT、半導体関連銘柄に売りが出たことで、
日本市場もその流れを引き継ぎました。
そこ堅さは確認できたというのが本日の総括と言えます。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は小幅に続伸と急反落しました。
ダウ工業株30種平均は続伸して、
前営業日比89ドル44セント(0.4%)高の2万1271ドル97セント、
ナスダック総合株価指数は急反落して、
前営業日比113.846ポイント(1.8%)安の6207.918で取引を終えました。

市場を揺るがしかねないとされていた材料が
無事通過することで、ダウには買いが入って続伸しましたが、
ナスダックにはネット関連株や半導体関連銘柄に
利益確定に押され大幅に反落しました。

ダウを牽引したのは金融銘柄で、
ドッド・フランク法の見直しを含む
金融規制緩和の法案が8日に米下院を通過したことが好感されました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
6月9日のCME日経平均先物は反落、
前日比85円安の1万9915円で引けました。
SGX日経平均先物も売りが先行、
65円安の1万9890円で始まりました。

日本市場はハイテク銘柄が大きく下げた米国市場の影響で、
はいテック関連に売りが先行して、
前週末92円49銭安い1万9920円77銭でスタートしました。

朝方発表された4月の機械受注統計は
民間設備投資の 「船舶、電力を除く民需」の受注額が
前月比3.1%減で、朝方は限定的な反応を見せました。

100円を超える下げ幅を見せた日経は下値では
押し目買いが入ることで、下げ幅を縮小、
午前の終値は前週末比71円46銭(0.36%)安い1万9941円80銭でした。

午後入ってもハイテク関連(半導体、通信など)銘柄に
売りが続き、下げ幅を拡大、
104円68銭安の1万9908円58銭で本日の取引を終えました。

朝方は限定的な反応だった機械、精密機器、
電気機器などが下落率で目立ち、
保険、建設、食料品などの上昇が目立ちました。

東証1部の売買代金は概算で2兆3132億円、
売買高は17億8576万株でした。
東証1部の値下がり銘柄数は980、
値上がりは896、変わらずは142銘柄でした。
下落ですが、騰落半々でそこ堅さを見せています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は上下長いひげを持つ十字架に近い陰線を形成しました。
安値では25日線が明確に意識され、
終値付近では一目均衡表の転換線にまたがり、
下げたくないけど、一旦調整しています、という気持ちを表しているようです。

下げの目処として考慮していたポイントは2つ、
6月1-2日で形成した窓が埋まるところ、そして25日線。
本日は変動幅で2つを満たしました。

ここからがテクニカル的な分かれ目です。
明日、トレンド転換していく場合は
安値の切り上げ成立とともに、上昇トレンドの継続になります。

FOMCまでは様子見になるという要因も考慮したら、
もうちょっと調整が入る可能性も排除はできません。
明日の動きは要注目です。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

先週末の解説ではFOMCを挟んで、上値を試す動きになることが予想され、
素直に好業績を作った銘柄に注目すると説明しました。
例えば動画マガジンでも取り上げた<3653>モルフォなどは
業績の改善ニュースを受けて7.9%の上昇を見せました。

しかし、FOMCまでは外部要因による影響が強く、
本日もハイテク関連の下落が大きかった米国市場の影響をもろに受け、
半導体、通信の業種に売りが出ることで下落しました。

今週の焦点はやはり13~14日のFOMC。
今回の利上げは確実とされ、織り込み済みという判断であるが、
注目のポイント「その後」です。
利上げフェースに関する言及が具体的にでるのか、
最近議論が活発になっているバランスシートの縮小に関する内容も
市場が注目する材料です。

明日の動きも新たな買い材料はない中、外部頼みになる見通しです。
米国のハイテク株に下げ続ける場合は、
同様の動きをする可能性が高いですが、
悲観的になる必要はないと思います。

本日に引き続き、定番の好業績銘柄が調整を続けるなら
むしろ押し目買いのチャンスとして考えていいでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円):20,013.26    +104.00    +0.52%
NYダウ(ドル):21,182.53   +8.84     +0.04%
ドル(円):  110.40-41    +0.64円安   +0.58%
ユーロ(円): 123.52-56    -0.06円高    -0.04%