TOPICS

2017/06/20

2017年6月20日の日経概況

2017年6月20日の東京株式市場は3日続伸しました。
終値は162円66銭(0.81%)高の2万0230円41銭でした。
終値ベースでは大きな意味のある動きで、
2015年8月18日以来、約1年10カ月ぶりの高値を記録しました。
上昇の要因もポジティブな要素の重なりで
米国市場の上昇、為替市場の円安、商いの上昇が
一緒に現れています。
本日も最後までしっかりお読みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【米国市場の動向】

前営業日の米国市場は上昇して、続伸と反発になりました。
ダウ工業株30種平均は続伸して、
前営業日比144ドル71セント(0.7%)高の2万1528ドル99セント、
ナスダック総合株価指数は4日ぶりに反発して、
前営業日比87.255ポイント(1.4%)高の6239.013で取引を終えました。

ダウ工業株30種平均は最高値を連日更新、
ナスダックは幅のある上昇で、テクニカル的に意識される
節目を超えてきました。

日本をはじめ、世界の株式市場が上昇傾向になること、
先週まで売られていたハイテク株に買いが戻ったことなどが
市場を最高値まで引き上げました。
S&P500種株価指数も0.8%高で、
1週間ぶりに過去最高値を更新しました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:ファンダメンタル】
6月19日のCME日経平均先物は続伸、
前日比210円高の2万0130円で引けました。
2万円台を回復しました。
SGX日経平均先物も3桁の上昇幅でスタート、
105円高の2万0135円で始まりました。

日本市場は米国市場の上昇で最高値更新、
為替市場の円安傾向まで手伝い、買いが先行しました。
166円37銭高の2万0234円12銭で寄り付き、
機械や電気機器など、輸出関連株に買いが広がりました。

午前中に年初来高値を更新して、
上げ幅は200円を超える場面もあり、
219円高の2万0287円で前場引けを迎えました。

14時過ぎまで200円超の上昇幅で維持した後は、
利益確定に抑えられ、162円高で本日の取引を終えました。
化学、機械、電気機器などが上昇率の上位を占め、
不動産、電気・ガス業、水産などの内需方には下げが目立ちました。

東証1部の売買代金は概算で2兆5192億円、
2兆円切れの前日から一変、商いも活発になってきました。
売買高は18億3654万株、
東証1部の値上がり銘柄数は1532、
値下がりは389、変わらずは99銘柄でした。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の動向:テクニカル分析】

日経の日足は長い上ひげを持つ陰線を形成しました。
前日の終値から大きく離れてスタート、
ボリンジャーバンドの+2σを一気に超えてきました。

形では高値まで買われた後、値段が戻った後は
始値まで割り込む形で、天井を示唆する形として
解釈されるものです。

約1年10カ月ぶりの高値を達成、形上も変調をきたすことから、
明日は達成感も反映した下げがある可能性が高いでしょう。
しかし、本日作られた窓が埋まるまでは、
調整が入ってもおかしくなく、悲観する必要はないでしょう。

むしろ、本日の高値を超えて上昇する場合は、
上に向かっての動きはさらに軽くなる可能性があります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

本日は節目になるところの突破、
午後から失速という動きになりましたが、
外部環境の改善とともに、投資家の心理が改善したことが
市場を押し上げました。

3兆円には届きませんでしたが、前日の2兆円割れから考えると、
悲観するほどの閑散相場とも言えません。
前日は新興市場にモメンタムがあると解説しましたが、
本日はマザーズがマイナスになり、
大型・主力の銘柄に資金がシフトする動きが見られました。

また、米国市場での利益を背景に日本株に対しても
リスクオンの姿勢になる外国人投資家の買いも入るので、
割安に放置されていた大型株、
その後は新興市場の調整が終わり、トレンドが転換するタイミングで
再び新興市場狙い、このような順番で構成比を考えて行きます。

明日は反落も考えられますが、急いで空売りのポジションを
大きくとるような行動は懸命ではないでしょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【各市場の動き】

日経平均(円)
20,230.41   +162.66  +0.81%
NYダウ(ドル)
21,528.99   +144.71  +0.67%
ドル(円)
111.60-61   +0.49円安  +0.44%
ユーロ(円)
124.46-50   +0.08円安  +0.06%